Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

タグ : 「UI」 アーカイブ

2009-09-07(月) 23:29(UTC +0900) p

ThinkPad の新系統をそのままキーボードに

ThinkPad T400s から、キーボードが新しいタイプになっております。
その新タイプを踏襲した感じの外付けキーボードが出ているのでご案内。
既に、日本語版を amazon から購入することも可能のようですね。


clip IT!
from レノボのTrackPoint付きキーボードに新モデル、TrackPadなしで6300円
レノボのTrackPoint付きキーボードに新モデル、TrackPadなしで6300円


amazon の方にはまだ画像が来てないようなので、 lenovo の商品詳細ページへのリンクも掲示しておきます。
日本語版, 英語版

タッチパッドがなくなったのは嬉しいですね。
キータッチそのものについては、裏打ちのない構造なのであまり期待しない方が良いとは思いますが、トラックポイント付きのキーボードの新型が出てきたコトは評価したいですね。
てコトで、勤め先用に私も一つ買っておきますかね()

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 物欲
tag: , , , ,
0 Trackback

2009-08-29(土) 22:13(UTC +0900) p

入出力制御を乗っ取られるコトの恐怖

Skype をピンポイントで狙った malware の脅威が、久しぶりに高まっているようです。
しかも、その潜在的危険性は、今までにないほど厄介なモノのようですね。


clip IT!
from Skypeを盗聴するトロイの木馬、ソースコードがネットに公開 – ITmedia エンタープライズ
Skypeを盗聴するトロイの木馬、ソースコードがネットに公開


例によって、
「狙われはしたモノの Skype 自体の脆弱性を突かれた問題ではない」
という状況のようです。
しかし、そんなコト関係無しに、実に凶悪で危険なモノのようです。
つまり、「音声入出力を乗っ取れるので、 Skype の起動とかに関係なく、常に盗聴しまくられる」てコトです。

仕組み的に、先ず、音声を制御する API を汚染する、と。
次いで、 Skype 対して、音声入出力デバイスに偽装した盗聴プログラムを使用させる、と。
(多分、多くの環境で「標準デバイス」設定のままであることを利用しているのではないかな?)
で、盗聴プログラムで取得した音声をちゃんと Skype に供しつつも、実際には録音して圧縮して外部に勝手に送信している、ワケです。

更に、そのプログラムのソースコードも公開されているッてコトは、簡単に派生版や拡張版が作れると云うコトです。
実際のプログラムは書けないまでも、
「Skype 以外にも、他の VoIP を乗っ取れる版を作れそう、てか、既に適用できてるハズ」
「出力を横取りできるし、ビデオの再生やゲームプレイの音も盗聴しまくれる」
「マイクは常に音を拾うのだから、何も起動してない状態でも独り言や生活音を常に盗聴しまくれる」
「 web カメラでも同じ様な横取りは可能だし、ビデオで盗撮される可能性だってある」
くらいはすぐに思いつきます。

対策?
基本通り、「セキュリティソフトを導入し、常に最新版に更新し続ける」「怪しいモノに手は出さない」、ですね。
Skype は業務にも利用できますので、しっかり気をつけましょう。

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: Skype(スカイプ), 電脳系
tag: , , ,
0 Trackback

2009-08-20(木) 11:46(UTC +0900) p

Win も Mac も「 ATOK で三倍高速! 十倍快適!!」

「十倍」は釣り気味ですが()
記事自体は ATOK for Mac になりますが、その機能は Windows でもほとんど同じように使えます。
と云うコトで、記事をまとめてご紹介。


clip IT!
from ASCII.jp:今こそ選ぶATOK 2009 for Mac

  1. ASCII.jp:今こそ選ぶATOK 2009 for Mac(前編)
  2. ASCII.jp:今こそ選ぶATOK 2009 for Mac(中編)
  3. ASCII.jp:今こそ選ぶATOK 2009 for Mac(後編)

単純な変換性能だけを見ても、 OS のおまけとは明らかな差があります。
入力時に長文の一括入力/変換を意識すれば、その変換精度は更に高まります。
当然、自動学習についても効率よく確実に行われます。

コレまでにも繰り返し取り上げてきましたが、入力速度が数倍になり、かつ、正しくなるのが ATOK です。
先ずは無料のお試し版を試すコトもできますし、気に入ったなら一本買って複数の端末にインストールできるような柔軟なライセンス体系となっております。

特に、仕事として日本語入力が必要な方にはオススメです。
あの「勝間 和代 (@kazuyo_k)」も使ってますよ!()

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: ATOK(エイトック), 言葉、言霊、言語再考
tag: , , ,
0 Trackback

2009-06-02(火) 12:26(UTC +0900) p

「触れる UI 」と「触れない UI 」

画面に直接触れて操作する、いわゆる「タッチパネル」「タッチスクリーン」というインターフェイスはかなり昔からありました。
多くは一本指操作が前提だったワケですが、最近は iPhone の様に複数指によるマルチタッチのインターフェイスも出てきています。
また、タッチパネルとモーションセンサーの両方を装備し、それらを組み合わせて更に進んだインターフェイスを提供しようとする流れもあります。
(iPhone も両方を装備してますね)
以上全ては、指で触れて、或いは、手に持っての操作となりますが、ここに更に「触れずに操作する」というインターフェイスが提供されそうです。


clip IT!
from EE Times Japan
ケータイに向けて手を一振り、タッチ・スクリーンは不要になるか


技術的には PS2 にあった EyeToy と同様に、「カメラで撮像したモノを画像解析し、モーショントラッキングによって「非接触」での命令発行を実現」する、と云うオハナシですね。
ネタ元記事の【関連記事】にもある通り、技術としては色々なところが手を付けているモノではありますが、今回はそれをモバイル端末に内蔵できるソリューション(ソフトウェア)として提供するというのがキモでしょう。
…カメラが常時撮像し続けるとしたら、ハードウェア的な省電力化/電源管理技術に克服するべき課題がありそうですが、その辺もコミ、なのかな??

iPhone やスマートフォンの多くはカメラを装備してますし、今後は両面にカメラを標準装備することになると思いますので、このような技術は実にちょっと楽しみです。
どうしても iPhone での想像となってしまいますが、カメラが両面に装備された iPhone に対し、手翳しでの操作ができるようになれば、「似非水晶玉」による「占い師ごっこ」 app が出てきそう()
…現状の裏面にだけカメラがついてるモデルでも、 app を起動してから裏返して机に置き、その上で手翳しして結果が出たらひっくり返して確認、と云うのは、既にありそうな気がしてきた orz

シャープの面スキャン機能を持つ光センサー内蔵システム液晶の様な接触式インターフェイス、
そろそろ標準装備となっていきそうなクリック検知可能な三軸モーションセンサー利用のインターフェイス、
そして、今回の様な画像解析によってカメラをモーショントラックセンサーとして利用するインターフェイス、
これら全てが掌サイズの端末に集約する日が待ち遠しいですね。

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: アイデアメモ, 科学・技術ネタ
tag:
0 Trackback

2009-04-27(月) 08:54(UTC +0900) p

ATOK のかな入力で「ゑ」「ゐ」を入力する方法

チョロッと小ネタ。
『iPhone で「ゑ」や「ゐ」を入力するにはどうすればいいのか』という話題に反応して、ならばかな入力ならどうか、と。
結論としては「Shift+へ」「Shift+ひ」で簡単に入力できてしまいます。


clip IT!
from Going My Way
iPhone で ゐ → WYI ゑ → WYE


度々ネタにしている「シフトキーは何故「Shift」ではなく「⇧Shift」なのか」でも語っておりますが、かな入力においてはその全てがキートップに記されているのが利点だ、と。
しかし、「ゑ」「ゐ」については環境によって違いがあるようです orz

今いくつかのメーカーのキーボードを覗いてきたのですが、「へ」の上には「々」が記されていたりナニも記されてなかったり、「ひ」に至っては見た限りではどこの物もナニも記されていない様子。
また、 MS-IME では「Shift+へ」「Shift+ひ」による入力も利かない様子。
しかし、そもそも MS-IME なんかは使わない方が良いとも主張しておりますので、だからこそ ATOK を使いましょう、と強引に持って行きます()

ところで、「ゑ」と「ゐ」が「Shift+へ」「Shift+ひ」に割り当てられているというのは実際の発音からすれば凄く分かり易いですね。
ちなみに「ヶ」は「Shift+け」に割り当てられています。
こういう分かり易さが「ATOK」+「かな入力」の良さですね。

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: ATOK(エイトック), Tips(ティップス)
tag: , , ,
0 Trackback

2009-02-26(木) 02:25(UTC +0900) p

キーボードの配列、変えてますか?

kengoサンのつぶやきに反応して、ちょっとネタにしてみます。

Change Key Before-After

以前半分だけ晒しておりますが(ネタ元はこちら)、基本は「正しい」配列で()
Ctrl は A の左、 Esc は 1 の左。 CapsLock と 半角/全角 は邪魔なので端に追いやると。

よく使う Win キーは押しやすい左親指の近くに配置、幅の狭い Space は 変換 を潰して拡張する感じで。
潰した 変換 は カタカナひらがな に移して、更に カタカナひらがな を横にずらす。
と、ココまでは ChangeKey を使ってレジストリレベルで仕込みます。
(ちなみに、 Windows Vista でも「管理者」として実行すれば使用可能なようです > ChangeKey)

最後に、お題となった IME の On/Off は ATOK の設定で「変換」に割り当てています。
物理的なキーとしては、前述のごちゃごちゃで結果的に「カタカナひらがな」のキーになっていたりするワケですけどね。

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: lifehack (ライフハック), 電脳系
tag: , ,
0 Trackback

2009-01-22(木) 17:23(UTC +0900) p

システムリストア手順書

発注してあった SSD が出荷となったので、システムの再セットアップについてまとめておく。

  1. ディスク換装
  2. リカバリーディスクから取り敢えず出荷状態相当に
  3. 余計なサービスを切りまくる
  4. アカウントを作成
  5. アーカイバを導入
  6. キー配列を最適化
  7. malware 対策ツールを導入
  8. 日本語入力ソフトを導入
  9. web ブラウザを導入
  10. テキストエディタを導入
  11. ジュークボックスソフトを導入
  12. 同期ツールを導入
  13. メッセンジャーツールを導入
  14. 他、バックアップ先を見ながら必要なモノを都度導入

他にも抜けがあったら追記することにして、取り敢えずこんな感じ。
「目玉」として、今回はもうメーラーを入れるのはやめてみようかな、と。
古いメールを参照することはあっても新規発信自体がほとんどなくなってるし、発信する場合でも Gmail から発信できる状況整備もすんでるし、プライベートな DTI のメールについても ISP のサービスで web メール的に処理できるし。

あとはどのくらいの時間で作業完了できるか、だな。

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: Tips(ティップス), 電脳系
tag: , , , , ,
0 Trackback

2008-11-23(日) 18:55(UTC +0900) p

「界面」活性機としてのキーボード

先日もキーボードに対する拘りネタを撃っておりますが、またも重要な記事が出ておりますのでご紹介。


clip IT!
from ITmedia エンタープライズ 日曜日の歴史探検
“キー坊”にならなかったHappy Hacking Keyboard


私も店頭で実物をちょっとだけ試し、その良さに触れつつも主端末が ThinkPad であるために未だに手を出さずにいる HHK の開発小史、です。
物理的な構造や細かな仕様、キー配列や打鍵感など、実によくできた逸品でありますが、特にその名称にはいつも感心しておりました。
が、まさか「キー坊」なんて言うあまりにもあんまりな危機に曝されていたとは()

逸話として「キーボード」を「カウボーイにとっての鞍」と例えている事も紹介されていますね。
こちらは流石に知ったハナシでありましたが、改めて引用しておきます。

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠をあるこうとも、鞍は自分で担いで往く。馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインターフェースだからだ。

パソコンが5万円にもなろうとするのに、キーボードが3万円もしていいのかと質問されるが、いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切なインターフェースであることを忘れてはいけない。

パソコン、ワークステーションを買い代えるたびに新品のキーボードがついてくるのがおかしかったのである。手に馴染んだキーボードは末代まで使い、パソコン買ってもキーボードはついてこないという時代に早くしたいものである。

更に時が巡り、「パソコン」と言えばノート型となりつつある現在、いよいよキーボードの重要性が蔑ろにされつつあるワケですが、だからこそ、もう一度キーボードというインターフェイスに目を向けたいところですね。
なお、タイトルにある「界面」とは、物理的なインターフェイスを指す中文表現です。

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 科学・技術ネタ, 電脳系
tag: , ,
0 Trackback

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2018年7月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

← 以前のアーカイブ記事 | go BLOG Top | 以降のアーカイブ記事 →
Powered by WordPress