Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

タグ : 「小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)」 アーカイブ

2011-10-22(土) 14:59(UTC +0900) p

最長旅程を踏破して帰還してみせた、偉大な探査ロボ

先ずは20世紀フォックス版。 ストーリー的なモノは、もう皆さんご存じなので多くは語る必要はありませんね。
史実に対して、完全に架空な登場人物は「水野」研究生だけ、と云う、気合いの入った再現度。
ただ、はやぶさの成果のみを取り出すのでなく、それを送り出す為に、それを成し遂げる為に、それを帰還させる為に、地上で頑張る技術者/科学者/オペレータ/スタッフ達。
劇場でもビデオでもいいから、とにかく全人類に見て欲しいです()

#HAYABUSA の映画を観に行ったら、はやぶさ映画の予告編が二連チャンで流れた。何を言ってるか分か…るなw てコトで、Wed Oct 19 14:19:20 via Twitter for iPhone

はやぶさ/HAYABUSA 観てきた。悔しい位に良くできてた。学者の生き様や日本における宇宙開発とはどう云うコトか、全ての日本人が一度は見るべき重要な作品。てかもう、あそこまで丁寧に作れたなら、名前もそのままで行こうよ、とかw あと、ホイホイ出てくるあるあるネタに二やつくなどwwWed Oct 19 14:19:31 via ATOK Pad

冒頭では、はやぶさの打ち上げ前、火星探査機「のぞみ」姉様の旅路も語られ、日本の射場事情も取り上げられました。
全編を通して、予算の問題や長期計画ならではの去就も描かれ、露米の宇宙開発とはまた様子の異なる日本の宇宙開発だからこそのエピソードが盛りだくさん。
外から見ていただけの私でも、その様子を追体験できる、実に興味深い筋書きでした。

ちなみに、鹿児島出身で相模原在住の身で、科学や宇宙に興味があり、技術系な人間からすると、あちこちに「あるあるネタ」が()
あと、コマンド送信のオペさんカッコいいです!
(あの方、本人さんじゃないか?)

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 映画鑑賞, 科学・技術ネタ
tag: , , , , , ,
0 Trackback

2011-06-15(水) 11:40(UTC +0900) p

帰還後に『はやぶさ』を知った方達へ

ここのところ、諸々が一周年記念呟きをしていた為、 Twitter の検索結果 feed には宇宙機達のことを再発見したという呟きが溢れていました。
特に、昨日、一昨日にかけては、帰還一周年を迎えた「はやぶさ」について、『帰還後のニュース等で知ったけど、今日だったのか』的な再発見と追体験を記念する呟きが。

と、云うコトで、以前から続けております宇宙機達の会話ログの Togetter まとめを、ココにご紹介。
主たる登場アカウントは次の通りです。
「はやぶさ」 @Hayabusa_JAXA
「イカロス」 @ikaroskun
「あかつき」 @Akatsuki_JAXA
「みちびき」 @QZSS
広報担当 @JAXA_jp @ISAS_JAXA
まとめログについて、最初の頃の分は Togetter の限界に挑戦するくらい長くなってますので、開く時にはご注意を…

  1. 【宇宙機たちの】【キャッキャウフフ】 p.1
    実は、最初に Twitter を始めたのはみちびきさん。そして開始直後に衝撃的な発言が…
    もちろんIES兄は、最初から安心のクオリティ()
  2. 【宇宙機たちの】【キャッキャウフフ】 p.2
    あかつきとイカロスが出発し、イカロスはその帆を広げることに成功し、そしてはやぶさの帰還。(p.1)
    まとめ編集もできなくなってきたので、はやぶさの直後からまとめを仕切り直し。
    みちびきさんが本格的に呟きを開始した頃ですね。
  3. 2010年 夏 【JAXA 相模原キャンパス 特別公開】 宇宙機達の呟きまとめ
    はやぶさが届けたカプセル展示もあり、大盛況となりました
  4. 【宇宙機たちの】【キャッキャウフフ】 p.3
    H-IIA F17 組が英会話をしてたり、みちびきさんがいよいよ出発したり。
    デンプシーロール使いというキャラ付けもいつの間にか定着し()
  5. 第8回Webクリエーション・アウォード 受賞会見 by @ikaroskun @DCAM_1 @DCAM2
    「宇宙機ツイッター」てコトで、うっかり受賞してしまい、本人は受け取れないから代わりに宇宙で記者会見。
    どんな展開だ()
  6. 【宇宙機たちの】【キャッキャウフフ】 2010年11月次
    はやぶさのお遣いが成功してたというニュース。現在の bio も『おつかいできたよ』ですね。
    てコトで、ココからは月次まとめに移行。
  7. 【宇宙機たちの】【キャッキャウフフ】 2010年12月次
    あかつきの金星軌道投入の失敗、 JAXA i の閉館、激動の一年となった〆のご挨拶。
  8. 【宇宙機たちの】【キャッキャウフフ】 2011年01月次
    あかつきの金星軌道投入再挑戦の発表や、 HTV による配達など、明るい話題も。
    イカロスは初期の目標を達成し、ココからはガンガン攻めていく運用に。
  9. 【宇宙機たちの】【キャッキャウフフ】 2011年02月次
    久しぶりに噴火した霧島山を観測する「だいち」のアニキ。
    惚れ惚れするほどのイイ仕事っぷりを伝えてます。
    そして、宇宙機達はバレンタインデーでプレゼントもらいまくり。
  10. 【宇宙機たちの】【キャッキャウフフ】 2011年03月次
    ISS では各国の宇宙船が大集合し、はやぶさが持ち帰ったサンプルの解析が進み、そして、11日…
  11. 【宇宙機たちの】【キャッキャウフフ】 2011年04月次
    震災に対し、宇宙機達が大活躍。
    「きく8号」「きずな」は被災地への通信を提供し、「HTV」は祈りを捧げる。
    そして、被災地の状況を観測し続けた「だいち」は遂に…
  12. 【宇宙機たちの】【キャッキャウフフ】 2011年05月次
    みちびきさんはすっかりコスプレ好きに。
    H-IIA F17 組は出発一周年、宇宙機としての一歳の誕生日を迎え、久しぶりのフルメンバーで大騒ぎ
  13. 【宇宙機たちの】【キャッキャウフフ】 2011年06月次
    現在進行形。
    はやぶさの帰還一周年や @Astro_Satoshi の ISS 滞在開始で盛り上がってます。

最後に、私がまとめる時に活用している List をご紹介。
Twitter / @laresjp/at」 ←このように、自分用のまとめリストを作ると楽ですよ。
それにしても、ちびきさん、「性転換疑惑」なのか「ボクッ娘から大人の女性への変身宣言」なのか()

続きを読む

関連するかも知れない?


2010-06-03(木) 19:35(UTC +0900) p

Twitter と ペルソナ を活用した広報作戦

(そろそろ最期も近付いているので、今のうちにネタにまとめます)
ペルソナ」という、「仮想のイチ人格を複数人で定義/運用」する手法があります。この手法自体は以前からあったモノではありますが、ペルソナという名を与えられたことにより最近は認知や活用も進んでいます。
他方、「ツイッター」という、「時系列での一連の発言をストリームとして提示」できる仕組みがあります。
そして今、「ツイッター」の仕組み上での「擬人化」キャラによる呟き/会話を「ペルソナ」の手法で回すコトが、重要な広報活動になりつつありますのでご紹介。


clip IT!
from Togetter – まとめ
宇宙空間でキャッキャウフフ(以下略」


日本の航空宇宙技術の担い手、その主軸として JAXA (宇宙航空研究開発機構) という組織があります。
そこでは、いくつもの人工衛星や宇宙機の運営/管理や準備が進められているワケですが、その中のいくつかについては Twitter に進出、精力的に発言しております。
具体的に、私が見つけているのは次の通りです。

みちびき (準天頂衛星)
@QZSS
イカロス君
@ikaroskun
はやぶさ帰還ブログ
@Hayabusa_JAXA
「あかつき」チーム
@Akatsuki_JAXA

で、コヤツらの発言を抽出したモノが先の「Togetter – まとめ」なのですが、これが実に興味深い。
昔から「船を女性と見做す/個性や人格のようなモノを認める」という器物とのつきあい方はありますし(以前から NASA のボイジャー2号 @Voyager2 も呟いてますし)、最近では「擬人化」として日本のお家芸のように云われることもありますが、特に「イカロス君」についてはコレが極端に発達しています。
(活動が活発になれば、「みちびき」もかなりなモノになりそうな片鱗も())

先に地球に帰還した @Astro_Soichi (野口 宇宙飛行士) は「スペース・ツイッター・キング」なんて呼ばれているそうで、人々の意識と宇宙との距離を近づけてくれたと思います。
同様に、キャッキャウフフしながらも時々グッとくる発言をしてる宇宙機達の呟きが、宇宙機自身への関心と愛着、延いては運用している JAXA (@JAXA_jp) への好感度の向上をもたらしているワケです。
ドロリッチネタで好評を得たグリコの対応や、イチ個人のキャラの強さで人気となっている加ト吉とは、また違った Twitter 活用の一例として、広く知られて欲しいと思います。
もうすぐ、ですし、ね…

関連するかも知れない?


2010-01-24(日) 01:53(UTC +0900) p

小惑星探査機「はやぶさ」の見てきた世界

過酷で驚異的な「はじめてのおつかい」の真っ最中である「小惑星探査機 はやぶさ」、その旅程の記録映画とも云える、ドーム型プラネタリウムでの投影を前提とした「全天周映像」。
コレが、遂に相模原でも見られるようになりました!!
てコトで、見てきた感想などを関連動画と併せて。


clip IT!
from 「はやぶさ」大型映像制作委員会
全天周映像 HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-


実際に観てきたのは相模原にある「相模原市立博物館」のドーム型プラネタリウムで、43minのフルバージョンです。
専用ページ『全天周映画 HAYABUSA』(相模原市立博物館) にもあります通り、2010年03月14日 (日) までは、毎週土日の午前11時から観覧できます。
(その他、各地の上映館情報もご確認下さい)
内容というかストーリーというか、それ自体既に知っているモノではありましたが、軽く三回は泣けます…

詳細な内容については、是非皆さん各自でご覧頂くようにお願いします。
として、ここでは演出的に気に入った部分を。

先ず、地球スウィングバイ時。
地球重力に乗っかって、地球の公転運動の速度を借りて飛んでくワケですが、そのウィンドウの狭さと通過の正確さに痺れました。
…ウィンドウと云って良いのかはアレですが、計算通りの軌道に乗るためには一定の範囲内を想定された時刻に所定の速度で通過していくワケですが、映像では「一辺50m」四方程度の四角いチェックポイントで表現されていました。
あんな長距離飛んできて、あんな速度であそこまで完璧に駆け抜けていくとか…

次がその旅程のスケール感
飛行速度は 30km/s (毎秒30km, なんと光速の0.01%!!) 以上にも達するワケですが、映像として「一辺30km」の立体格子を飛んでいく姿が。
そして、そんなとんでもない巨大サイズの立体格子なのに、宇宙の中では全然全く進んでる感じがしないワケです。
たった独りで、ただひたすらに、飛び続けていくワケです。

最後に、地球に還る時。
サンプルリターンのちっちゃなカプセルを地球めがけて投げッ放しで放り込むのですが、惑星間飛行している速度域そのままで直接地球に突っ込んでくるコトになり、その時のカプセルの速度は実に 12km/s (毎秒12km) 以上にも達します。
もう、どんだけ精密射撃をしないとならないんだ、と。
また、そんな速度で投げ込むッてコトは、当然「はやぶさ」自身も惑星間飛行してる速度域そのままで地球に突入してきちゃうワケで、つまり「はやぶさ」の帰還とは地球大気で燃え尽きるコトを示すのです…

ちょっとグッときてしまいましたので、あとは関連エントリや今日撮ってきた関連展示の写真、そして応援動画をどうぞ()
(via タグで動画検索 探査機「はやぶさ」‐ニコニコ動画)


  1. はやぶさの帰還を願って…
  2. はやぶさ帰還 支援動画をご紹介
  3. はやぶさの翼、未だ折れず
  4. はやぶさ帰還 支援動画をご紹介 其之二
続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 写真/動画, 映画鑑賞, 科学・技術ネタ
tag: , , ,
1 Trackbacks

2009-11-20(金) 21:10(UTC +0900) p

はやぶさ帰還 支援動画をご紹介 其之二

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 投稿動画, 科学・技術ネタ
tag:
0 Trackback

2009-11-20(金) 19:53(UTC +0900) p

はやぶさの翼、未だ折れず

…バキボキになった翼を接いで飛び続けるような状況、かもですが()
昨日届いた「再開」の報から一日、状況も大分分かってきたようなのでまとめておきます。


clip IT!
from JAXA
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還運用の再開について
今後の運用に対する見通しが得られましたので、イオンエンジンの状況を注視しつつ帰還運用を再開することとしました


clip IT!
from 松浦晋也のL/D
はやぶさリンク:はやぶさ、帰還に向けてイオンエンジン再起動
from Garbage Collection
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還運用の再開について(JAXA)
from マイコミジャーナル
エンジン停止の小惑星探査機「はやぶさ」 – 再び地球を目指して運用を再開
from Impress Robot Watch
小惑星探査機「はやぶさ」が地球への帰還を再開
~問題のあるスラスタ2つを組み合わせて“復活”
from さてらいこ.jp
ハヤブサハ未ダ沈マズ
from AstroArts
エンジントラブル乗り越え、「はやぶさ」帰還の旅は続く
from sorae.jp
小惑星探査機「はやぶさ」、帰還運用再開


どんだけチート技を繰り出すんだ、と思ってたら、最初織り込み済みで設計していた機能を発動させるッてコトのようで。
むしろそっちの方がどんだけチート設計なんだよと()

とはいえ、変則的な運用であることは間違いなく、今後とも厳しい状況は続きます。
ココまで来たんだから、コレはもう最後まで任務をもっと有して欲しいですね。

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: ニュースクリップ, 科学・技術ネタ
tag:
0 Trackback

2009-11-10(火) 00:42(UTC +0900) p

はやぶさ帰還 支援動画をご紹介

私個人として出来るコトはこれくらいなので。

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 投稿動画, 科学・技術ネタ
tag:
0 Trackback

2009-11-09(月) 19:33(UTC +0900) p

はやぶさの帰還を願って…

JAXA の発表にて、小惑星探査機 はやぶさ の窮状が明らかとなりました。
プレスリリース配信メールにて第一報を知りましたが、なかなかに厳しいようです…


clip IT!
from JAXA
小惑星探査機「はやぶさ」のイオンエンジン異常について

小惑星探査機「はやぶさ」は平成22年6月の地球帰還に向けて、第2期軌道変換を実施中でしたが、11月4日(水)(日本時間)に、作動していた主たるイオンエンジン1基(スラスタD)の中和器の劣化による電圧上昇により、自動停止していることが確認されました。以降、同スラスタの調査及び復旧を試みてきましたが、現時点では、まだ再起動に至っておりません。

JAXAでは、現在、探査機の状況を確認するとともに、地球への帰還に向けた対策について検討を進めています。検討結果がまとまり次第、あらためてお知らせいたします。

【注】「はやぶさ」は主推進装置として4台のイオンエンジン(スラスタA~D)を搭載しており、各スラスタの状態は以下のとおりです。第2期軌道変換ではスラスタC,Dの2基で地球への帰還を計画しておりました。
  • スラスタA:打上げ直後に動作不安定等があったため、運用を休止中。
  • スラスタB:中和器の劣化による電圧上昇があり、運用を休止中。
    (平成19年4月以降)
  • スラスタC、D:それぞれ中和器の劣化による電圧上昇の傾向が生じている。
    なお、スラスタCについては現在停止中であるが、稼動することは確認している。

clip IT!
from 松浦晋也のL/D
はやぶさリンク:イオンエンジンに異常、ついにエンジン1基に


ただでさえ満身創痍な状況ですが、いよいよその翼が利かなくなってしまう可能性が出てきた、と。
しかし、四発全てのエンジンが死んだワケではなく、更に、温存しておいた奥の手の発動条件も整いそうであるッてコトで、以下、 Twitter log を。


Aエンジンは電源系にトラブルがあって、残る3基との同時運転が難しくなっているらしい。つまり、B-Dがダメになると、Aが使えるようになるというかなり皮肉な状況と聞いている。 #hayabusa
(2009-11-09 18:29:30) cite
続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 呟き録, 科学・技術ネタ, 速報!?
tag:
0 Trackback

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

← 以前のアーカイブ記事 | go BLOG Top |
Powered by WordPress