Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

タグ : 「CASIO」 アーカイブ

2008-09-16(火) 15:16(UTC +0900) p

ハイスピードデジカメが、更に一般化するかも!?

以前に「大絶賛」なネタを挙げている「Casio EX-F1」に、廉価版が出るらしいというコトでご紹介。


clip IT!
from ASCII.jp
カシオのハイスピードカメラ第2弾
実売価格は8万円前後
電源は単3形乾電池×4本
40枚/秒の連写および1000コマ/秒のハイスピード録画
(EX-F1は『11万円前後』『専用電池』『60枚/秒の連写および1200コマ/秒の録画』)
出来のいい弟「EX-FH20」は兄と何が違う?
撮像素子は600万画素から910万画素に
光学ズームは12倍から20倍に引き上げられている
from Impress デジカメ Watch
カシオ、超高速連写カメラ第2弾「EX-FH20」
from ITmedia +D LifeStyle
カシオ、手のひらに収まる超高速連写デジカメ「EX-FH20」
from Tech-On! デジタル家電
カシオ,秒間40連写と1000フレーム/秒の動画撮影が可能デジタル・カメラを発売
from マイコミジャーナル
カシオ、40枚/秒の超高速連写、HDムービー、20倍ズーム「EX-FH20」を発売
from Digital Freak デジタル家電総合情報サイト 2008/09/16
カシオ、毎秒40枚の超高速連写が可能な910万画素のデジタルカメラ
from Phile-web
カシオ、毎秒40枚の高速連写が可能なデジタルカメラ「EX-FH20」を発売


「一瞬を切り取るために腕を磨く」必要がある既存のカメラを「機能不全な機材」と断じ、「シャッターもナシで撮りッ放して必要なコマを後から抜き出す」と云う革新的な領域に踏み込んだ記念碑的カメラ、その後継機です。
機能をちょっと落として価格を下げ、より使い勝手を高めた操作部に替えた上に汎用の電池に対応、と、 EX-F1 から一段と「一般向け」になった様ですね。
この辺、「EXILIM PRO EX-F1」の下位モデル。EX-F1と同じく高速連写とハイスピードムービーを売りとする機種で、今回は「HIGH SPEED EXILIM」という新たなシリーズ名と云う新シリーズと定義していることからも、その本気度が伺えます。
詳細な差異については、デジカメ Watch の記事をどうぞ。

それにしても、やはり「カシオ計算機株式会社」は凄いねぇ…
次は是非、防水モデルや専用の防水ジャケットをお願いしますよ?


clip IT!
from にっき (n-yoshi@lares)
真に目指すべき「カメラ」には、「スティル」と「ビデオ」の別どころか「シャッター」すらもない

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 科学・技術ネタ
tag: ,
0 Trackback

2008-02-09(土) 23:58(UTC +0900) p

真に目指すべき「カメラ」には、「スティル」と「ビデオ」の別どころか「シャッター」すらもない

自分でも Xacti を使う様になって、本当に実感しているところです。


clip IT!
from Japan.internet.com
未来から来たデジカメ

最も重要な進展は、EX-F1 が「静止画」と「動画」の間にあった歴史的な壁を取り除くという必然的プロセスに着手したことだ。

「活動写真」が誕生したときから、スチル写真撮影と映画制作の間には、ほぼすべての面で大きな隔たりがあった。技術はその違いを消し去っていくだろう。そして最終的には、消費者向けカメラはどれも、高解像写真をほぼどの様な撮影間隔でも撮影できるようになる。

完ぺきなタイミングを見計らって手動で静止画の撮影を試みる(そしてたいていは失敗する)代わりに、一連の絵のなかから1枚を選ぶようになる。ビデオは品質の高い静止画の連続になり、静止画はビデオから抜き取った1フレームになる。

だれが何と言おうと、Casio EX-F1 は単に高速なだけの普通のカメラではない。これは、不意を突いて突然写真の未来をかいま見せるものなのだ。

from Tech-On! デジタル家電
「本当はカメラにシャッターなんていらない」,カシオの超高速機,その狙いと先にあるもの(前編)
「本当はカメラにシャッターなんていらない」,カシオの超高速機,その狙いと先にあるもの(後編)

スローライブは,動きの速い被写体をとりあえず撮ってみて,面白かったり美しかったりする静止画を選び出すために使えます。時間の流れを擬似的に遅くするモードといえます。一部の静止画だけを残すので,メモリ・カードの使用量を抑えられる利点もある。撮影間隔は1/30秒,撮影期間はDRAMの容量に限りがあるので2秒間です。

使い方は簡単。ユーザーはモード・ダイヤルをスローライブに合わせて,シャッター・ボタンを半押しするだけ。撮り終えると,2秒間の映像が液晶モニターにゆっくりと繰り返し流れます。ユーザーは「これ」と思ったフレーム(静止画)が現れたときシャッター・ボタンを押すことで残す画像を決定できる。

「大事なシャッター・ボタンにシャッター以外の機能を割りつけるなんて」と考える方もいるかもしれませんが,スローライブでの画像選択は,旧来のシャッターを切るという行為にとてもよく似ています。シャッター・ボタンの方が自然に使えますよ。

from ITmedia +D LifeStyle
「高速連写機能」――デジカメは鳥の羽ばたきもとらえる時代へ


是非とも一読して欲しいところです。
そして、カメラを無闇に「高尚な趣味」に押し上げてしまっている「最高の一瞬を切り取るには技術と経験が必要」という現状に対し、カメラの機能が不十分だと看破していることに注目して欲しいです。

「カメラ」の進歩を「デジカメ」に向けて決定づけてしまった名機 QV-10 を生み出したカシオが、今改めて「真のカメラ」を生み出し世に問おうとしていること、そして、「カシオ計算機株式会社」はそもそもカメラ屋ではなかったことに、深い感慨を覚えます。

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 科学・技術ネタ
tag: , , ,
0 Trackback

2001-12-07(金) 23:45(UTC +0900) p

の~びやがったぁっ ちくしょー

以前のにっきで書きました「メチャメチャ気になるデジカメ『CASIO QV-2100』」ですが、発売日(2001/11/28)以降足繁く通い詰めている割になかなか現物にお目にかかれませんでした。で、今日発表があったようですが、なんと、発売が延びて居やがりました。
しかも、 2001/11/28 -> 2002/01/24 と、一気に二ヶ月も、です。

だぁ、ざけんなぁ~。年末商戦にギリギリ間に合うかって云う大事な時期を外すなんて、何を考えてるんだ? というか、色々と事情はあるんだろうから延期はやむなしとしても、もっと早く通達しろってんだよ。
あ~~もう、買うかどうかは別としても、早く現物見たかったよぉ~~…

こうなったら、SPYZでも買っちまうか()

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 物欲, 電脳系
tag: , ,
0 Trackback

2001-10-19(金) 23:45(UTC +0900) p

カシオ QV

私は今現在ディジタルスティルカメラ(以下デジカメ)を持っていないんですが、一番最初に購入したのは、国内でのデジカメ勃興期に大人気となり現在のデジカメ隆盛の基礎を築いた(と私個人が云っている)QV-10(実際に購入したのはQV-10A)です。
今の常識から云えばもう完全にどうしようもない仕様の製品ではありますが、市場の立ち上げ時にはあのような良く出来た製品は必須であったと思います。

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 物欲, 科学・技術ネタ, 電脳系
tag: , ,
0 Trackback

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

| go BLOG Top |
Powered by WordPress