Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

タグ : 「自然」 アーカイブ

2011-09-23(金) 18:00(UTC +0900) p

せいぞんせんりゃくー

そういや、ペンギンは出なかったような気が…
今週もある意味【戦争】な作品を観てきました。

ライフ 観てきた。映像は素晴らしく、多少やり過ぎな感もあるけど効果音も面白く、今までに見たことがなかった種と生態も出てきてそこそこ満足。ただ、内容そのものは、映画としてよりはご家庭で家族団欒でテレビで視る方が良いかも。始めと終わりの語りは完全に蛇足だし、無関係な日本の曲も邪魔。Thu Sep 22 13:44:20 via ATOK Pad

劇場に掛かる映画ではありますが、テレビのドキュメンタリ番組を視ているようなもので、特にストーリーがあるわけでなく、淡々と。
昔から動物モノや自然モノのテレビ番組を視ていたおかげで、ほとんどの種/生態については既知のモノばかりでちょっと退屈では有りましたが、映像や立体音響の威力で楽しめました。

ちょこちょこと初見な知見も得られましたけど、全くの初めてだった「コイシガエル」の緊急回避方法と「イチゴヤドクガエル」の子育て手段には、ほんとに驚きました。
あと、ネズミやカエル程度の脳容量で、立体構造な位置を独立して記憶しているッてのは、本当に驚異的ですね。

ただ、種を絞り込んで内容を詳細に展開したモノを、昔は毎週テレビでやってたよなー、と、そんな感慨もあったり…
今なら、各ご家庭でビデオを借りて視る感じだからもう地上波テレビ放送でやる必要はないのかもしれないけど、だったらあんなの局数は要らんよなぁ…
まあ、事実上放送電波が余っているから、穴埋めのために廉い買い物番組を垂れ流しているんだよな()

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 映画鑑賞
tag: , , , , ,
0 Trackback

2011-03-09(水) 13:31(UTC +0900) p

津波のヤバさを図示してみる

津波って確か数十センチでもやばいんだよね。この図が凄く分かりやすかった http://nakanokana.269g.net/article/14440904.htmlWed Mar 09 03:09:24 via Tween

良くできた分かり易い AA があったので、コレを更に良くしてみた。
元ネタは↓


clip IT!
from カナメモ
波と津波の違い【2chコピペ】


台風など、風によって起きる「高波」は、確かに高くはなりますけど、それでもまだ水の板です。
対して、「津波」は、遠い深海底で生じた甚大なる脈動により、海全体が上下してる状況の端っこであり、言い換えると「海全体が雪崩れてくる」様なモンです。
しかも、波はせいぜい数十m程度の幅ですが津波の幅は数キロになったりしますので、その質量はもうトンでもないコトになってます。
よって、当然のようにそのエネルギーの総量は桁違いに桁が違います。万倍とか億倍とか、そんな規模。

以上を踏まえると、次のような感じ。

●4メートルの波 (水の板)
               ザッパン

                  
                 
               波波         ●
      波波     波波波波         人
波波波波波波波波波波波波波波波波波-------------
波波波波波波波波波波波-------------------
海海海海海-------------------------
海海海---------------------------


●4メートルの津波 (巨大な水塊)
  ←何十~百kmもの彼方までおんなじ高さ で
    更に図の奥行き分、数キロの幅になることも↗
                       ↙

          ゴゴゴゴゴゴゴ‥        

          波波波波波
波波波波波波波波波波海海海海海
海海海海海海海海海海海海海海海海
海海海海海海海海海海海海海海海海海        Σ ●
海海海海海海海海海海海海海海海海海海        人
海海海海海海海海海海海海海海海海海-------------
海海海海海海海海海海海-------------------
海海海海海-------------------------
海海海---------------------------

↑では4mとなってますけど、例え「50cmの津波」でも、その背後には太平洋分の水塊が待機してると考え、十分に気をつけましょう。
スマトラの惨事で何度も映像が流れたので憶えてると思いますが、膝下程度の水位でもトラック程度は簡単に押し流すパワーがあります。
くれぐれもおもしろ半分に近づかないように。

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 科学・技術ネタ
tag: , , , ,
0 Trackback

2010-10-16(土) 15:14(UTC +0900) p

「森の夜」は、こんなにも賑やか

天の川

常にうっかり先陣を切ってしまう TINGARA (てか、”イシジマヒデオ”氏?) が新たに立ち上げたプロジェクト “Island Gallery” と云うサイト。
そこで取り扱うのは素敵な版画/写真/音楽などですが、このたび遂に、 Island Gallery 独自のダウンロード販売サイトによる「音楽のダウンロード販売」も開始されました。
その第一弾として販売されているのが「バイノーラル録音による沖縄の森の息吹」とも云える『八重山~神々が集う場所~』です。

一般的に「森の中」と云えば「静かな環境の代名詞」として認識されていると思います。
更にその世界の夜、「深夜の森の中」ともなれば、「さぞかし静かなのだろう」と勘違いしてしまいそうですが、多くの動物は実は夜行性であることを考えた時、その認識は改められます。

では、実際にはどのような状況なのか?
それは是非、自らの耳で是非試聴して、もっと聴きたくなって、実際に音源を購入してみましょう。

ちなみに、ダウンロード購入可能な音源は三形式、それとは別にパッケージ版も提供予定とのこと。
三形式はそれぞれ
CDクオリティを凌ぐ音質』 “WAVE / 24bit 48k 988 MB”
CDクオリティの音質』 “WAVE / 16bit 44.1k 605 MB”
(↑コレはそのまま CD-R に灼き込み可能です)
MP3により圧縮した音質』 “MP3 / 256 Kbps 372 MB”
がそれぞれ用意され、 60min 1トラック でいずれも800円というお値段。
音質で価格に差を付けても、実際には綺麗に圧縮する時の手間は逆累進になるので、ならば価格は一律でしょ!
という、とても分かり易い判断ですね。
多少高級なオーディオ環境でも聞き分けられないくらいの品質で圧縮しているそうなので、安心して容量だけを目安に購入しちゃいましょう。

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 感想
tag: , , ,
0 Trackback

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

| go BLOG Top |
Powered by WordPress