Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

或いはこれが、ミッシングリンクの真相?

| go BLOG Top |

2011-11-23(水) 21:35(UTC +0900) p

これまでに作られたシリーズとは異なる、新たなる物語として位置づけられる作品。
原作、旧映画版、と比肩するほど素晴らしい、正に新たなる神話の創世と云うべき出来でした。

猿の惑星:創世記 観てきた。始めは大袈裟な邦題にしたなと心配したけど、なるほどアレは創世神話の聖戦だわ、と納得。全体的にシーザーが格好良すぎるし、長老?も、ゴリ…赤g…ゴリさんも銀さんも格好良すぎ。ま、あの圧倒的身体能力にヒトを超える頭脳とか、そりゃ勝てんわw 追い討ちもあるしなFri Oct 28 13:30:15 via ATOK Pad

これまでの作品では、支配層の交代後の世界を描いていましたが、今作では「如何にして交代が始まっていくのか」「『一人目』はどのようにして『誕生』したのか」が詳しく描かれます。
そこに用いられた理由付け、結果どのように驚異的な存在となるのか、など、実に説得力があり、既に『ソレ』が始まっていてもおかしくないという恐ろしさもあります。

発端となった「アルツハイマー型認知症」は、いま正にヒトにとっての脅威となっています。
これに対抗する手段として「ウィルス治療」を用いるというのも、実際に行われている手段(特に、有効な手段)の一つです。
元々はヒトにとっての脅威であったモノを新たなる脅威に対抗する手段として用いる、その結果、些細なズレの積み重ねが決定的な強敵を生み出してしまう。実に良くあるパターンです orz

さて今回は、映画を観てからこのエントリを書くまでの間に2001年版の映画作品がテレビで放送され、そちらも観る機会がありました。
結論として、『あー、あの後すぐに離れたモノだから、おいしい情報は王が全部独占しちゃったんだな』という感じ。
いかにもアメリカ海兵にありがちな、傲慢で身勝手ではた迷惑な顛末ですね()

猿の惑星

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 映画鑑賞
tag: , , , ,
0 Trackback

トラックバック

この記事のトラックバック URL


Twitter

Powered by Topsy

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

Powered by WordPress