Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

師は弟子を鍛え、弟子は師に教え、情けは人の為ならず

| go BLOG Top |

2010-09-24(金) 21:01(UTC +0900) p

リメイク、とはいえ、実に良くできていました。オリジナルは観てないので引用ネタは分かりませんでしたが()
米国と中国だけで構成される世界観で、これからの世界を実に象徴的に描いており、であるからこそ英語現代がひどさが切なくもあり…

物語自体は、オーソドックスな少年成長劇。
しかし、その舞台が【世界中からの移民にあふれる中国北京】となっていること、登場する子供たちの多くが英語を使えること、子供に対する英才教育の激しさやその中での競争の凄まじさなど、「コリャー日本は勝てないよ」とか違うことを考えたりしながら観てました。
あと、『悪い大人』の側の洗脳教育はともかく、フルコンタクト制であそこまで苛烈な武道大会を、大人が煽りまくる形で開催している点など、中国らしいなーとか。
そういえば、あんなあからさまで下手くそなイジメは、日本ではもう見られなくなってるのかな? イヤな洗練のされ方をして、目に付き難いだけ、なのかもですけど…

それにしても、ジャッキーはホント素晴らしいですね。いろいろなカンフー映画はありますが、その中でも特に見事な老師ぶりでした。
弟子役のジェイデンも可愛らしく格好良く、それでいて普通の子供らしさもあり。アジア的な師弟関係や功夫の重要さとその発露など、巧いこと表現してましたね。

ベスト・キッド

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 映画鑑賞
tag: , , , ,
0 Trackback

トラックバック

この記事のトラックバック URL


Twitter

Powered by Topsy

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

Powered by WordPress