Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

どうせ中途で切るなら、もっと大胆に短く!

| go BLOG Top |

2011-06-15(水) 10:08(UTC +0900) p

先日タダ券を行使して観たワケですが、予想通りの残念感。
元ネタや原作に問題はないと思いますが、それを映画化するにあたっての読みこなし方とか、映像化するための尺とか、そういった部分が実に足りてない、と。
そこに輪をかけて、声の素人演技が残念さを加速します…

ブッダ 観てきた。予想通りではあるが、アテレコのがっかり品質の為に、かなりがっかりな感じ。声以外についても、手塚漫画は一コマの内容もコマ間の内容も、相当に展開しないと読みこなせないのだが、まんま映像化してるのでブツ切り大会。多分、映画化しちゃいかん作品だったのだよ…Sat Jun 11 05:59:17 via ATOK Pad

タイトルには全力で『手塚治虫の』と謳われてるのだけど、手塚漫画をそのまんま映像化して良いワケないじゃない()
あの漫画は、そもそも映画作品が脳内再生されているのを静止画として切り出してるのだから、尺的にはトンでもなく長い補完が必要なんだよ?

ブッダ – 赤い砂漠よ!美しく-

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 映画鑑賞
tag:
0 Trackback

トラックバック

この記事のトラックバック URL


Twitter

Powered by Topsy

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

Powered by WordPress