Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

タグ : 「生中継」 アーカイブ

2009-09-09(水) 17:48(UTC +0900) p

宇宙時代のtsudaり

本日午後、2009-09-11 02:01:46 に打ち上げ予定の「HTV初号機/H2Bロケット Y-1ブリーフィング(記者会見)」が開かれました。
その内容をsorae.jpの中の人がtsudaってくれておりましたので、以下にまとめておきます。
なお、会見場は電力供給も Wi-Fi 提供もない #atfield だったようですが、手持ちのバッテリと自前の回線で乗り切ったようです()


#H2BTF1 これからJAXA東京事務局に向かう。記者会見は15時半開始予定。
(2009-09-09 14:47:24) cite
HTV初号機/H2Bロケット、Y-1ブリーフィング速報 http://bit.ly/3sSJB
(2009-09-09 14:49:00) cite
#H2BTF1 ブリーフィング=今回のミッションについて、大まかの概要を報道陣に説明するためのもの。種子島宇宙センターで行われるが、東京事務局も中継でつながっている。
(2009-09-09 14:56:33) cite
#H2BTF1 回線は確保したが、近く電源がない。節電して、持っても1時間半かも・・・がんばります。
(2009-09-09 15:24:35) cite
#H2BTF1 本日の出席者。HTVプロジェクトマネージャの虎野さん、H-IIBプロジェクトマネージャの中村さん、射場技術開発室長の西田さん。
(2009-09-09 15:26:36) cite
通信設備はDELL+ウィルコム。 http://img.ly/3AU
(2009-09-09 15:32:03) cite
#H2BTF1 Y-1ブリーフィング開始。ほとんどの記者は種子島にいる。出席者の紹介。
(2009-09-09 15:33:07) cite
#H2BTF1 中村さんによるH2Bロケットの概要を説明。
(2009-09-09 15:34:50) cite
#H2BTF1 中村:現在発射整備作業を開始している。全てが順調。打ち上げは予定通り9月11日(金)2時01分46秒で決定。
(2009-09-09 15:38:01) cite
#H2BTF1 中村:発射整備作業スケジュールは予定通り進められている。昨日はY-2作業(火工品結線、ガスジェット推進薬充填)を実施した。
(2009-09-09 15:40:19) cite
#H2BTF1 中村:機体移動は明日の11時。これも予定通り。
(2009-09-09 15:42:06) cite
#H2BTF1 中村:HTVは打ち上げから15分6秒後に分離する予定。
(2009-09-09 15:43:22) cite
#H2BTF1 続いて虎野さんによるHTVの説明。
(2009-09-09 15:44:15) cite
#H2BTF1 HTV開発の目的・意義について説明。
(2009-09-09 15:45:41) cite
#H2BTF1 国際宇宙ステーション(ISS)についても簡単に説明。
(2009-09-09 15:47:03) cite
#H2BTF1 HTVは2015年まで、毎年1機ずつ、合計7機を打ち上げる。
(2009-09-09 15:47:58) cite
#H2BTF1 虎野:HTVは日本が打ち上げる最大のペイロード。
(2009-09-09 15:48:57) cite
#H2BTF1 虎野:HTVの輸送品について、食料、水、船内実験ラック、大型船外実験装置、制御装置やバッテリーなども
(2009-09-09 15:51:05) cite
#H2BTF1 虎野:HTVの打ち上げから運用終了までを紹介。打ち上げはH2B、通信はTDRS、GPS、ISSドッキング、使用後は離脱し、大気圏再突入して廃棄。
(2009-09-09 15:53:26) cite
お、@sorae_jp がtsudaり中。
(2009-09-09 15:54:34) cite
#H2BTF1 種子島の気象情報の資料をもらったが、まだ説明はない。木曜は曇り一時晴れ、にわか雨の可能性があり、金曜は曇り一時雨となっている。
(2009-09-09 15:56:24) cite
#H2BTF1 今回のHTVの搭載物を紹介。33%が食料、20%が実験用試料類、18%がきぼう交換品と子アーム、10%が宇宙飛行士の用品。
(2009-09-09 15:59:15) cite
#H2BTF1 今回のHTVの搭載される実験装置は、日本のSMILESとアメリカのHREP。
(2009-09-09 16:00:53) cite
@sorae_jp 「ゴールに人がいるミッションは初めてだがそれについて思うことは」って聞いてみては。
(2009-09-09 16:00:53) cite
#H2BTF1 いよいよ気象情報。
(2009-09-09 16:01:14) cite
#H2BTF1 現在の種子島は前線ができやすい状態。9月11日は曇りベースで小雨が降る可能性もある。注目しているのは10日18時から11日0時まで雨が降りやすい状態。
(2009-09-09 16:03:51) cite
有人ならではの荷物だねぇ… 将来的にはクロネコ便になるハズw RT @sorae_jp: #H2BTF1 今回のHTVの搭載物を紹介。33%が食料、20%が実験用試料類、18%がきぼう交換品と子アーム、10%が宇宙飛行士の用品。
(2009-09-09 16:04:26) cite
#H2BTF1 現在は9月11日の打ち上げを目指しているが、本日夕方もう一度天候を確認する。
(2009-09-09 16:05:24) cite
#H2BTF1 質疑応答
(2009-09-09 16:05:52) cite
#H2BTF1 鹿児島テレビ:長年開発し、明後日の打ち上げに向けて、現在の心境について
(2009-09-09 16:06:48) cite
@sorae_jp あと「非予圧キャリアからあいのり衛星を放出できるか」って聞いて~ (おねだりモード)
(2009-09-09 16:06:53) cite
#H2BTF1 中村さん:ちょっと緊張している。虎野さん:自信があると言いたい。(ほかにも色々言ったが、間に合わない)
(2009-09-09 16:09:20) cite
@sorae_jp それと「HTVベースの有人宇宙機について」とか。最近タブーでなくなってるみたいなので。
(2009-09-09 16:09:30) cite
#H2BTF1 西日本新聞:HTVの有人化について
(2009-09-09 16:09:50) cite
キターw RT @sorae_jp: #H2BTF1 西日本新聞:HTVの有人化について
(2009-09-09 16:10:11) cite
おお、西日本新聞グッジョブ!
(2009-09-09 16:11:00) cite
RT @sorae_jp: #H2BTF1 西日本新聞:HTVの有人化について
(2009-09-09 16:11:28) cite
#H2BTF1 虎野:有人化するには、人を生かしていく装置等の開発が必要。
(2009-09-09 16:11:41) cite
Human Transfer Vehicleキタ RT @sorae_jp: #H2BTF1 西日本新聞:HTVの有人化について
(2009-09-09 16:11:51) cite
#H2BTF1 共同通信:明日の天候について、打ち上げできるの?
(2009-09-09 16:12:27) cite
#H2BTF1 西田:局地的な雨が発生しているので、現段階でのGo/No Goの判断は難しい。試験機なので、あまり雨には濡らしたくない。
(2009-09-09 16:13:06) cite
#H2BTF1 日刊工業?:延期となった場合、今後の影響について
(2009-09-09 16:14:55) cite
#H2BTF1 中村:ロケット等に大きな影響はない。虎野:ISS向けなので、延期となるとロシア側とアメリカ側との調整の可能性も出てくる。
(2009-09-09 16:17:53) cite
#H2BTF1 記者不明:H2Bの燃料充填する時間、作業人数など、H2Aとどう変わるの?
(2009-09-09 16:19:43) cite
ともかく「HTVの有人化は考えていない」って返事じゃなかったのは興味深い。
(2009-09-09 16:21:01) cite
#H2BTF1 総人数は570名に増加(H2A15号機は485名)。燃料充填時間はH2Aとほぼ変わらない。
(2009-09-09 16:22:24) cite
#H2BTF1 記者不明:NASAとESAとかから誰が来てるの?
(2009-09-09 16:25:11) cite
一発目としては、少ない方だったりするのかな? H-IIA の一発目の人数って、どこに行けば分かるかな? RT @sorae_jp: #H2BTF1 総人数は570名に増加(H2A15号機は485名)。燃料充填時間はH2Aとほぼ変わらない。
(2009-09-09 16:25:30) cite
#H2BTF1 NASAの宇宙オペレーション・ミッション・ディレクターのビル・ゲルステンマイアー氏や、ESAのプロマネも来ると聞いている。
(2009-09-09 16:25:39) cite
これもいい質問だな。RT @sorae_jp: #H2BTF1 総人数は570名に増加(H2A15号機は485名)。燃料充填時間はH2Aとほぼ変わらない。
(2009-09-09 16:28:26) cite
記者会見で「打ち上げのとき、BGMにサイハテ流してください」って言ったら神。
(2009-09-09 16:30:16) cite
#H2BTF1 BS放送:(H2Bは)今後宇宙開発にどのような影響を与えることができるのか
(2009-09-09 16:30:42) cite
#H2BTF1 虎野:H2Bが失敗すると、ISSの物資輸送が問題となるため、失敗は許されない。中村:ロケットは国内、海外で期待されている。日本のロケット技術を世界に示す機会。
(2009-09-09 16:32:07) cite
#H2BTF1 NHK:天候について、雨が少しでも降っても延期にするの?
(2009-09-09 16:33:04) cite
#H2BTF1 西田:雨は15mm以下という基準。気にしているのは雨の降り方。全体は総合的な判断となる。
(2009-09-09 16:33:32) cite
#H2BTF1 質疑応答終了。ちょっといくつか質問は書ききれなかった。
(2009-09-09 16:36:28) cite
#H2BTF1 種子島には記者がいっぱいいるのに、東京は5人ぐらい、筑波は2人ぐらいしかいないw
(2009-09-09 16:38:16) cite
@sorae_jp 宇宙業界初のtsudaり、GJでした。
(2009-09-09 16:40:27) cite
種子島組の取材、次は明日午前11時の機体ロールアウトかな。組立棟からロケットが射点に移動するワンダバなシーン。ただし記者側の生中継はたぶん無理。
(2009-09-09 16:46:35) cite
ジェバンニ要請ですね、分かります。 RT @nojiri_h: 記者会見で「打ち上げのとき、BGMにサイハテ流してください」って言ったら神。
(2009-09-09 16:48:19) cite
#H2BTF1 ブリーフィング終了。また明日夜中の打ち上げ中継で。
(2009-09-09 16:50:16) cite
@sorae_jp お疲れ様でした。もし現地組のtsudaりストが分かるようなら、 web の方にでも一覧を作ってほしいかも。
(2009-09-09 16:52:10) cite
帰りにJAXAiに寄ってみる。 http://img.ly/3B6
(2009-09-09 17:06:02) cite
Generated by URL to Twitter log

所々ノイズ(?)も混ぜてますが、実に興味深い事例です。
仕事中の片手間に、うまいこと「待ち仕事」に合うように調整すれば、今までは記事としてまとめられるまで得られなかった情報がほぼリアルタイムに得られる、と。
このコト自体は、すでに Twitter によるtsudaりとして広く認識されていますが、殊、国内の宇宙関連ネタとしては初のコトと思います。

当日は私もネット中継映像を視聴するつもりです。
それまでの間は
『 JAXA|HTV/H-IIB特設サイト
『 JAXA|H-IIBロケット
『 JAXA|HTV(宇宙ステーション補給機)
などで予習して、tsudaりデビューに備えますかね?

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: Twitter(ツイッター), 呟き録, 科学・技術ネタ, 速報!?
tag: , , , ,
0 Trackback

2009-06-05(金) 23:02(UTC +0900) p

遂に Pure EV についての市販化詳報発表

追記(2009/06/11 12:46)

詳報により正確な助成金額が提示されましたのでご案内します。
EV 助成金についての詳報
最大給付時は251万4000円で購入できる


Twitter でのつぶやき(via @taromatsumura)で気づいたのですが、どうやら今日は三菱自動車製 Pure EV “i-MIEV” の発表会があったようです。
他方、昨日は富士重工製 Pure EV “プラグイン ステラ” が発表となっております。
双方とも、発売の開始時期や価格等が出てきたのでまとめてご紹介。
…と、思ったのですが、記事の数が多すぎましたので先ずは現地からのtsudaり等を。


@waki3 のtsudaり
2009/06/05 11:20:59 cite
iMiev release event at Mitsubish motors http://twitpic.com/6n84i
2009/06/05 11:21:50 cite
president Mashiko speech http://twitpic.com/6n879
2009/06/05 11:24:10 cite
the price of iMiev is 4,599,500yen.but japan goverment helps 1,300,000yen.
2009/06/05 11:33:35 cite
カギとなるリチウムイオン電池。すごい小さい! http://twitpic.com/6n968
2009/06/05 11:34:43 cite
それ以上に驚くモーター。これでクルマが動くとは。 http://twitpic.com/6n9ad
2009/06/05 11:35:44 cite
ガソリンスタンドならぬ電気スタンド http://twitpic.com/6n9dn
2009/06/05 11:56:58 cite
益子社長:近いうちに200万以下にする。
2009/06/05 11:58:08 cite
益子社長:今の国のco2削減目標値は高すぎると思う。
2009/06/05 12:00:15 cite
益子社長:インフラ整備が価格と共に大きな問題。電気スタンドは今後スーパー、コンビニ、郵便局などへ展開したい。あとは立体駐車場。
2009/06/05 12:02:39 cite
益子社長:2008年に中国では電動自転車とスクーターが2000万台売れた。クルマも期待できる。
2009/06/05 12:03:44 cite
日経:ev市場はどうなるの?
2009/06/05 12:06:11 cite
益子社長:ハイブリッドとの棲み分けは出来る。これまでの投資は43年間、全く利益が出ないのにやってきた。それが今花開いた。
2009/06/05 12:07:52 cite
益子社長:需要見通し、ハイブリッドが作った市場の上に出来上がると思う。インフラ整備が重要だ
@murasawa の所感
2009/06/05 15:35:51 cite
今朝は、三菱自動車の電気自動車「i-MiEV」の発表会に行ってきました。これは、単に「電気で走る新車が発売された」というような小さな出来事ではありません。自動車産業はもちろん社会全体を動かす大きな地殻変動の始まりです。
2009/06/05 15:39:02 cite
電気自動車はガソリンなしで走りますからね。ソーラー発電で電気をまかなえば、石油の輸入を大幅に減らせます。
2009/06/05 15:41:17 cite
しかも、夜間電力を使えば、一回の充電160円。1キロ1円。計算上は東京-大阪間500キロだから、500円!
2009/06/05 15:43:56 cite
電気自動車の問題は、高価格。何と460万円。しかも、「軽」のサイズ。政府の補助をもらっても320万円。早く200万円程度まで下げないと。
2009/06/05 15:50:13 cite
確かに、ソーラー発電は社会全体で考えるべきです。ソーラーハウスから「メガソーラー」まで。総発電量に占めるソーラーの比率が高まれば、自然と電気自動車もソーラーで充電されることになります。
@laresjp の tweet
2009/06/05 12:26:33 cite
おおぅ、今日は i-MiEV の発表会だったのか。 RT:the price of iMiev is 4,599,500yen.but japan goverment helps 1,300,000yen. (via @waki3)
2009/06/05 12:34:21 cite
460万円に対し、国から130万円の補助金が出る。んで、神奈川なら県からも四分の一まで(115万円)補助金が出る。コレで215万円で購入可能。更に「大和市」と「大磯町」では優遇税制もある。その上電気代はガス代の数十分の一。コレ、凄くない? #i-MiEV
2009/06/05 12:55:43 cite
Pure EV i-MiEV を 215万円で購入できる神奈川県。更に大和市と大磯町では税金も減免。給油不要な生活がついに始まったなぁ…

ツッコミというワケではありませんが、tsudaりの内容についてちょっと補足。
i-MiEV の発表会中継中に「サイズ感」が語られてますが、バッテリーにしてもモーターにしても、あれらはあくまでも単体ですね。
バッテリーは単体のユニットをいくつも直列並列に接続して、大きなバッテリーモジュールとして車体底部に「燃料タンクを置き換える」様に設置されます。つまり、最終的には現行の燃料タンクと同サイズです。
モーターは確かにエンジンよりはグッと小型ですし、更にトランスミッションまで含めたサイズで比較すると相当にコンパクトになります。が、モーターにはギアボックスもつきますし、別途コントローラーユニットも結構デカイのが乗ります。
結果的に、車体へのパッケージングとしてはそんなに大きな差を生じさせずに済んでいるワケですね。
コレは、おいしいパッケージングを実現できるようなオリジナル「i」の MR パッケージングが素晴らしかった、というコトでもありますね。

…アレを実際に車載状態で見ると、「なんだかズルいよ」ッて気にもなったりならなかったり()

以下、諸々のニュースサイトから、関連記事をリストします。
並び順は時系列無視となっております orz

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 呟き録, 科学・技術ネタ
tag: , , ,
0 Trackback

2009-05-19(火) 18:35(UTC +0900) p

「tsudaる」の解説

いつも(一方的に)お世話になっている「津田 大介」氏の Twitter アカウント @tsuda ですが、こちらが動詞化してしまっているのでご紹介。


clip IT!
from 特集 : J-CAST会社ウォッチ
「週刊誌の将来」考えるイベント 詳報したのはネットだった
Twitterでシンポジウム「生中継」 津田大介さんに聞く


私がお世話になっている、と云うのも、
「様々な懇談会とかシンポジウムとか、或いは、発表会/展示会にて、その現況を Twitter にて実況中継してくれる方々のおかげで、ネット上のニュースサイトでまとめ記事があがる以前にその興味深い内容がほぼリアルタイムで把握できるよ」
というコトです。

実際、チョット前から津田サンに限らず色々な方が post してくれておりまして、今日も @nobi@shoinoue のおかげで SBM と docomo の発表会を TL から「現地からの生の声」として何となく把握できたり。
ま、中には「津田さんをunfollowしたくはないけど、中継始まるとTL支配されるから困る」などの意見もあるようですが、十分な数を follow してると、逆に TL に埋もれるのを避ける為に実況してくれる ID はわざわざ専用のタブに登録して抽出するなどの対応が必要になったりするワケで。

そんな「tsudaる」に意味をつけてみました()

…ええ、ただのネタエントリですよ?

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: Twitter(ツイッター), 言葉、言霊、言語再考
tag: , ,
1 Trackbacks

2008-03-19(水) 19:09(UTC +0900) p

「FON NIGHT 2008」はライブ中継をやるらしい

某所経由で見つけましたのでご紹介。


clip IT!
from FON JAPAN
FON NIGHT 2008


んー、よく分からずに貼り付けてますが、コレで良いのかな?

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 速報!?
tag: ,
0 Trackback

2007-10-18(木) 16:47(UTC +0900) p

MIAU の発表会ネタが出始めているようです。

せっかく Ustream.tv でストリーム中継してくれていたようですが、さすがに勤務中に聞く訳にもいかず、むしろ、勤め先の環境からではまともに中継の映像も取得できず orz
そんな中、早速記事が上がり始めているのでご紹介。


clip IT!
from MIAU
MIAU 設立発表会講演録(1)
from Impress INTERNET Watch
著作権問題でネットユーザーの声を集約、津田大介氏らが団体設立


先ずは速報で。
あとでじっくり読みましょう。

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 科学・技術ネタ
tag: , , ,
0 Trackback

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2021年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

| go BLOG Top |
Powered by WordPress