Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

「物欲」 アーカイブ

2010-01-18(月) 11:54(UTC +0900) p

新 Xacti は HD/薄型/ズームマイク付き!

新型のザクティ「DMX-CS1」が素敵です。
出来るコトなら防水モデルを待ちたいところですが、特段の発表もないし、もう一つの検討対象だった G-SHOCK EXILIM はメモリーカードがフルサイズの SD ではない → Eye-Fi 使えないので、対象除外。
発売までに更に何か発表があるかもしれないけど、そうなったらキャンセルすれば良いやッてコトで、ともかくポチッてきました()

発売日は 2010-02-19 (金) で、ポスト時現在の Amazon 価格で39,800円。
色に悩むところですが、今回はピンクにしてみました。
なーに、全身黒ずくめにワンポイントでピンクとか、むしろ ThinkPad 風味で大丈夫()
ついでに、各ニュース記事も並べておきます。


clip IT!
from engadget Japanese
142gの最小・最軽量Xacti発表、1080i 対応で300ドル
from Impress AV Watch
CES】三洋、フルHD対応で薄くなった新Xactiを発表 -縦型が299ドル。タッチ操作のボイスレコーダも」


clip IT!
from engadget Japanese
世界最小・最軽量のフルHD Xacti 国内発表、2月19日発売
from Impress AV Watch
三洋、薄さ27mm/重さ142gのフルHDビデオカメラ「Xacti」 -実売4万円。機能を絞った“200ドルモデル”も検討」
from Phile-web
三洋、世界最小・最軽量のフルHDビデオカメラ“Xacti”「DMX-CS1」を発売 - Xacti発表会レポート
from 日経トレンディネット
三洋電機、厚さ27mmでフルHD対応のムービーデジカメ「Xacti」発表
from ITmedia News
三洋「Xacti」に世界最小・最軽量フルHDモデル

追記(2010/01/18 12:14)

手持ちの CA65 とはバッテリーに互換性がないので、こちらも併せて買っとこう。

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 物欲, 科学・技術ネタ
tag: , ,
0 Trackback

2010-01-06(水) 00:23(UTC +0900) p

ATOK 2010 予約完ry… orz

先にネタにした通り、ジャストシステムからの直販での予約販売が開始となりましたので、サクッと…
開始となったのはパッケージ版で、
ダウンロード版の販売は 2010年 02月 05日 (金) からだった orz
ダウンロードの開始自体は後日で良いから、先に決済処理をさせてくれよう()

Just MyShop(ジャストシステム)
続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 物欲
tag:
0 Trackback

2009-12-21(月) 12:59(UTC +0900) p

スカイプビデオフォン狂想曲

先日から遂に日本でも発売となりました スカイプビデオフォン (ASUS AiGuru SV1T)は、どうやら即日完売となってしまったようです!!
以前から指摘していました通り、その潜在ニーズはかなりのものがあって、さらに時期的にもクリスマスから年末年始のシーズンであり、一気に爆発したのでしょう。
今回何台ほど用意していたのかも気になりますが、次の販売は入荷待ちとなるようで、この時期ではいつになるか読めませんねぇ…

ついでに、どんな勢いだったのかを中の人のつぶやきログで見てみましょう。


ASUS、タッチパネル液晶を搭載したSkype対応テレビ電話「ASUS Videophone Touch」 http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0912/18/news040.html
(2009-12-18 14:43:19) cite
ASUS、スカイプ認定タッチパネルテレビ電話「ASUS Videophone Touch」を発売 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=239454&lindID=1
(2009-12-18 14:50:29) cite
Skypeブログ: PC不要のテレビ電話、ASUSビデオフォン http://bit.ly/6yq2GT
(2009-12-18 16:06:11) cite
お待たせしました。PC/MacレスでSkypeビデオ!http://bit.ly/5l1ixU
(2009-12-18 16:29:48) cite
ありがとうございます!RT @ec_yamamoto: 早速買いました!http://bit.ly/5drRBB RT @siwata: お待たせしました。PC/MacレスでSkypeビデオ!http://bit.ly/5l1ixU
(2009-12-18 17:21:32) cite
まじですか。ごめんなさい!RT @kengo: Skype のビデオフォンは楽天も Amazon もすでに売り切れ
(2009-12-19 13:25:58) cite
Generated by URL to Twitter log

更におまけ。
先のエントリにも書いておりますが、居酒屋等には、是非 スカイプビデオフォン を置いて欲しいというコトを見事に示した事例も挙げられていましたので、ご紹介。


clip IT!
from オトク貯金大作戦
ハマる!Skypeグループチャットに初挑戦!
clip IT!
from 上海大夜総会
大成功?SkypeでVC忘年会!

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: Skype(スカイプ), 呟き録, 物欲
tag: , ,
0 Trackback

2009-12-20(日) 02:36(UTC +0900) p

スカイプビデオフォン レビュー (Skype Japan 提供)

縁あって、この度 ASUS AiGuru SV1T (Silver Gray) の試用レビューを挙げさせて貰います。
妄想ネタを書いたり、待望論を何度もネタにしたり Skype の中の人にもコトある毎にギャンギャンせっついたりした甲斐があったってモノです()

ブツ撮りについてはいつもの様にライティングが惨憺たる様ですが、写真やビデオも付けておりますのであわせてご覧下さい。


形状、外観等

提供されたモデルは銀色のヤツで、いかにも『パソコンの周辺機器』という感じ。
どうせ買うなら白色のモデルが良いかも?
大きさは垂直方向に嵩張るのでかなりのモノと感じますが、設置面積的にはトラディショナルな家電(イエデン)よりは小さく済む感じか。

バッテリ稼働もするのですが、手に持ったときの重さはまあ、見た目とそう変わらず。
前後に首振りする基部にバッテリを仕込むので、不安定と云うコトもありません。
タダ、持ち運びするときにカメラの辺りが丁度良い感じで凹んでるので、レンズだけは避ける様に気をつけたいですね。

設定のし易さ

簡単、ではありません。
Skype の操作と Wi-Fi の設定を一通り分かっているなら、特に問題なく設定可能ですが、「初めての Skype 用機材」としていきなり手を出せるものではないでしょう。
とはいえ、家内 LAN や Wi-Fi と Skype が分かっていれば、それだけでマニュアル無しで設定完了することも可能な程度には平易なものです。

一点だけ、 FON を利用する場合には気をつけなくてはなりません。
先ず FON_AP には接続できませんので、 MyPlace かそれに準ずる SSID を掴む様に設定しましょう。
また、同一 SSID での複数点接続、つまりいくつかの MyPlace を渡り歩く様な場合、一旦全設定をリセットで飛ばす必要があるかもしれませんので、「自宅で設定して実家に設置」する場合、接続が上手くいかないならその辺に留意を。

使い易さ

自分の感覚では、「普通」です。
特に変なことをすることもなく、発信受信共に難しいこともなく、十分「家電(かでん)的」に使えると思います。
一度設定さえ済ませてしまえば、多分電話機よりも簡単に使えます。

あと、ハンヅフリーもバッチリです。
実家との通話テストでも、特に声が届かないとか聞こえ辛いとか無く、ビデオの画質も十分、しかもスピーカーとマイクが付いてるのでハンヅフリーも快適、と。
そういう面でも「家電的」と云えるかな。

操作感

全般的に、一瞬もたつく感じです。
ただ、設定するときには気になりますけど、普段使いでは問題ないでしょう。
また、左右のボリュームキー、オン/オフフックキーやカーソルキーを操作する上では、筐体形状は持ち易いですね。

タッチパネルでの操作は全てをタッチだけでこなせるというワケでもなく。
特に上下のスクロールについては、スクロールバーを触れるのも難しいのでカーソルキーを併用すると良いでしょう。
文字入力時のキーボード操作でも、ボリュームキーでの文字種変更操作など、タッチとキーを併用するのが前提と云う UI になっているようです。
ホーム画面での横スクロールについては、一応タッチスクロールも出来ますが、フリックの様な慣性 UI ではないみたい?

価格

今回は自腹ではないのですが、その分を勘案しても三万八百円は安くはないでしょう。
ですが、それは「パソコンの周辺機器」という見方をしてしまうからであり、「家電」として見ればまた違ってくるでしょう。

箱から出して、線を繋いで、設定したらすぐに使える。
自分では設定できなくとも、設置者任せで手早く設定でき、実際の使用においては全く難しいことはない。
電源だけ確保できればどこに持って行っても使えるし、ちょっとの間なら電源が無くても平気。
その上、遠く離れた家族と、料金を気にせずにテレビ電話が使い放題。
…クリスマスプレゼントや帰省時のお土産に、親類一同でお金を出し合って贈るとか、アリかも。

例えば NTT のテレビ電話機材なら、29,400円で「フレッツフォンVP100」てのがありますが、コレは機材とは別に、更に電話代も掛かります。
対して、 SkypeOut 発信できる SV1T なら、一般の固定電話に対して月額七百円程度( 一ヶ国限定プラン )でかけ放題にもなってしまうワケで、この差は更に広がります。

こんなところにオススメ

先ずは、「ふるさとの祖父母」へ、でしょう。
使わなくなったパソコンをお上がりで使って貰うなどを企図し、実際に配備するまではしたものの、結局使ってくれなかったと云うコトもあると思います。
そのような場合でも、「キーボードがない」「画面に触れて操作できる」「電源ボタンで電源を切れる」家電的な機材は受け入れられるかも知れません。

また、「店舗設置」もアリでしょう。
最近は小規模な店舗でももう普通に web サイトを構えており、そこには代表電話番号を掲示しているでしょう。
そして、お客様への利便性提供や見込み客の電話代軽減の為に、更には、店内の雰囲気や混雑度合いを見せる為にも、 Skype で応対できる様にしたいとの思惑があるかも知れません。

しかし、いざ設置するとなると「店内に設置してあるパソコンには Skype は入れられないし、 Skype だけの為にパソコンを用意するのもちょっと…」てなコトに。
そんな場合でも、パソコンではない専用の機材であるからこそ、設置しやすいという面も見逃せません。
そしてコレは、企業内での内線電話代わりに使えると言うことにもなるかも知れませんね。


以下、箱出しから色々と、写真やビデオをどうぞ。

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: Skype(スカイプ), アイデアメモ, 写真/動画, 物欲, 電脳系
tag: ,

2009-12-18(金) 16:03(UTC +0900) p

遂に、遂に スカイプ ビデオフォン が日本発売開始!!

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: Skype(スカイプ), 物欲, 速報!?
tag: ,
0 Trackback

2009-09-07(月) 23:29(UTC +0900) p

ThinkPad の新系統をそのままキーボードに

ThinkPad T400s から、キーボードが新しいタイプになっております。
その新タイプを踏襲した感じの外付けキーボードが出ているのでご案内。
既に、日本語版を amazon から購入することも可能のようですね。


clip IT!
from レノボのTrackPoint付きキーボードに新モデル、TrackPadなしで6300円
レノボのTrackPoint付きキーボードに新モデル、TrackPadなしで6300円


amazon の方にはまだ画像が来てないようなので、 lenovo の商品詳細ページへのリンクも掲示しておきます。
日本語版, 英語版

タッチパッドがなくなったのは嬉しいですね。
キータッチそのものについては、裏打ちのない構造なのであまり期待しない方が良いとは思いますが、トラックポイント付きのキーボードの新型が出てきたコトは評価したいですね。
てコトで、勤め先用に私も一つ買っておきますかね()

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 物欲
tag: , , , ,
0 Trackback

2009-09-03(木) 15:03(UTC +0900) p

ぼくのかんがえたシンクパッド

先日のミーティングで lenovo 中の人に「早く ThinkPad W300 を出してくれ」と言ってみたワケですが、せっかくなので自分の理想とする妄想ネタを開陳。

ThinkPad W300

width: 286mm-319mm
筐体幅は何より重要、奥行きは結構ドウデモイイ
display: 13.3inch 1,920×1,200 WUGXA
アスペクト比は不問、但し、縦表示画素は最低でも 1,050 以上で
memory: 4GB (more than 8GB)
標準で4GB、最大8GB以上を搭載できる仕様で
storage: SSD or HDD
SSD にはリカバリーディスクを添付で
BIOS: Keyboard configuration
「Ctrl ←→ Caps Lock」「Esc ←→ 半角/全角」の入れ替え対応を
Video Out: DisplayPort
そろそろデジタル出力前提で、アナログはコンバートアダプタで十分
camera and microphone: top of display
ディスプレイの枠上端中央にカメラとマイクを
“Mic Cam Mic” で、ステレオマイクも良いね()
speaker: bottom of display
ディスプレイのワイド化で空いたパネル下部にスピーカーを持ってくる
CPU: その時点で搭載可能な最高性能品
当然、将来的な上位品への換装も可能なラインで
graphics: OpenGL and DirectX 11
この辺はまあ、 p や W として当然の仕様で
OS: Windows 7 Ultimate
Professional でも足りるとは思うが、どうせなら全部入りで()
hight: 23mm-36mm
厚みは薄い方が嬉しいが、薄くて柔いよりは厚くても堅い方が良い
weight: less than 2.7kg
光学ドライブと9セルバッテリー搭載状態で
price: less than 4,000 US dollar
できるなら三十五万円以下でお願いします orz

他、キーボードライト/指紋リーダや全部入りなネットワーク機能など、 ThinkPad の基本はそのままで。
USB ポートは三つは欲しいし、できるなら USB 3.0 のポートも期待したいけど、こちらは重要じゃないな。
CardBus や ExpressCard のスロットも一つずつは欲しいけど、 USB ポートを五つ以上つけるならなくても良いか。

逆に、削って欲しいモノもある。
カーソルキーそばにあるナビゲーションキー、パームレストにあるタッチパッド、この辺はもちろんあっても良いけど、「なし」をオプション選択できると嬉しい。
「なし」にすると価格が上がる、というカスタマイズででも、是非対応して欲しいところ。

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: アイデアメモ, 物欲, 電脳系
tag: , ,
0 Trackback

2009-06-29(月) 22:11(UTC +0900) p

卓上 Skype 電話機

以前から取り上げている ASUS AiGuru SV1 については「今年前半」は無理ッポイですが、@Kiyonariさんが卓上電話型機材の輸入販売を開始するようです。


clip IT!
from Smart Ecolife
Skypeデスクトップフォン
via kiyonari’s blog
Very Cute! Skype Desktop Phone


AiGuru SV1 の様なビデオ通話対応型ではないし、ネットワークは有線 LAN のみの簡易版ではありますが、一台あたりのお値段が一万八千九百円 (税込)とお安く、そもそも機材が一般的な電話の形状をしているので、 SkypeOut/In と組み合わせればイエ電の代わりにもなりそうです。

ちなみに、ビデオ通話対応の ASUS の機材ですが、こちらはタッチパネル式の “AiGuru SV1T” として改めて提供されるらしいですね。
こちらは是非、日本語化までしっかり対応してもらって早めに日本での正式販売に漕ぎ着けて欲しい思います。
宜しくお願いしますよ!

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: Skype(スカイプ), 物欲
0 Trackback

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

← 以前のアーカイブ記事 | go BLOG Top | 以降のアーカイブ記事 →
Powered by WordPress