Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

私の音楽環境

| go BLOG Top |

2001-10-02(火) 23:45(UTC +0900) p

私自身は『常に音楽と共に居ないと生きていけない』という類の人間ではないのですが、それでもwebサーフ中などでTVをつけていない時には手持ちのソースを流しッ放しております。ココで『ラジオ』とか『CD』とかではなく『ソース』となっているのは御多分にもれずMP3を再生しているからです。
ちなみに、MP3ファイルは自分で購入しているCDからリッピングしたモノがほとんどです。(一部のファイルについてはweb上にて著作権的に問題ないやり方にて公開されていたモノを有り難く頂いてきたモノもあります。とにかく、そうと意識して違法コピーしたモノはありません。ココは言っとかないとね())

で、最近はもう、車での退勤途中に買ったモノを帰宅するまでの間に車載プレーヤーで流す以外、CDから直接聞くことはなくなってしまいました。ちゃんとしたCDラジカセはありますし、メインPCでもCDオーディオの再生は可能ではありますが、通販やチャリ・徒歩などCD再生環境がない状態での移動中に購入したモノはいきなりMP3に落としてPCのMP3プレーヤーで流すようになってしまいました。
(車で聴いたモノについても、部屋に戻ったらそのままPCでMP3に落としてます)
音質という意味ではやはりCDにすら劣るのでしょうが、そもそもCD自体が大した再現性を持っている訳でもなく、最近ではMDとかMDLPとかという風に
『CDから更に劣る音質でも問題ない』
『絶対的な音質よりも手軽に楽しめることの方が重要』
そもそも『極限までの再現性能を求めてなんか居ない、ある程度聞ければそれで十分』
という風潮もありまし。私の場合にしてもそんな大した性能の耳ではありませんので、ソースの差異による音の再現性の違いなんてよく分かりません()
大体、音源の持っている信号の緻密さなんかより、最終的に出力するスピーカやヘッドフォン・イアフォンのレンジがしっかりしていればそれなりにいい音で聴けるものです。と云うことで、PCに繋いでいるスピーカについては良いものを奢ってあります

脱線を戻しまして()… CDを管理するよりもMP3のデータを管理するようにしてしまえば、ソースは簡単に出し入れ出来るように(というか、出し入れする必要自体なく)なりますし、実際に再生する時も、複数のアルバムやシングルを続けて再生したいって言う場合でも多連装のCDチェンジャを導入する必要もありません。良いトコ取りで自分だけのオリジナルな構成で聴きたい場合はプレイリストとして作り込んでやるだけ。CD-Rに灼く必要もありません。もちろんCDメディアの規格による容量制限だって気にすることなく、HDDの容量を増やせる限り何千曲でも扱えます。
と、まあ、ココまでは誰でも分かることを書き連ねた訳ですが、要は『iPod、欲しいねぇ』ってコトです()
定価が249ドル(日本でなら28,800円)程度なら良いんですがねぇ… しかも、私の環境はPCであって、FireWireを導入済みとは云えMac以外は使えるのかどうかも不明ですし… まあ、そのうち稼働報告とかはどこかからなりともなく揚がってくるんでしょうけど()

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 物欲, 電脳系
tag: ,
0 Trackback

トラックバック

この記事のトラックバック URL


Twitter

Powered by Topsy

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

Powered by WordPress