Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

タグ : 「DC Comics」 アーカイブ

2011-10-09(日) 00:52(UTC +0900) p

恐れを知らない! そんな種族が知性を持てるハズがない!!

てなコトを見る前には考えていたワケですが、作中の定義では本気でそんなアホなコトを条件としていたので「えっ?」となったり()
それだけでなく色々と突っ込みたくなる点がボロボロとあったりしましたが、まあ、それが得意だから実写でやってると云うだけで、「実写だから SF 考証もしっかりしろ」てのは勝手な意見なんでしょうね。

グリーン・ランターン 観てきた。所詮アメコミてコトではあるけど、最初から最後までツッコミどころ満載すぎw 億年単位で君臨してる連中を悩ます相手をたかだか岩石惑星に封ずるとか、たった三人喰っただけで破れる封てどんだけ弱いんだとか、色々。最後も、そこは両方同時にいけよと思ったわwThu Oct 06 14:25:31 via ATOK Pad

あらすじ的には、全宇宙を監視する組織があって、その組織を脅かす存在があり、驚異を封じ、封が解かれたときに危機が始まる、という感じ。
偉大な戦士が傷つき倒れ、その継承があり、封じられていた側は復讐を謀り、新たな戦士が決死の大活躍でコレを下す、てな分かり易い展開。
なのですが、もう最初からツッコミ所たっぷりで()

個体/個性の知的生命が数十億年生き続けているとか、そんなトンデモな連中が恐れる敵がいるとか、そんな敵を一人で封じる超戦士とか、せっかく頑張ったのに高が三人を喰っただけで破られる脆弱すぎる封とか、そもそもヤバい相手なんだから星ごと簡単に砕ける岩石惑星ではなく恒星かせめて巨大ガス惑星に封じろよとか、もしかして恒星ではそのエネルギーを喰ってもう手がつけられなくなるのかと思ったら最後は恒星に落として退治しやがったよとか()

ちなみに、あんまり 3D である意味はない作品でした。
『アバター並みに頑張れ』とは言わないから、せめて『立体視の作品であるコトを思い出させる程度の効果しかない「ガスの回り込み」とかはもう卒業しようよ』と、先日 CEATEC で超高解像度映像を実感してから改めて思います。

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 映画鑑賞
tag: ,
0 Trackback

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

| go BLOG Top |
Powered by WordPress