Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

タグ : 「Christoph Waltz」 アーカイブ

2011-11-23(水) 21:56(UTC +0900) p

トンデモ三銃士

三銃士と言えば、ぶっちゃけ『アニメ三銃士』のイメージが強すぎてか、原典を知らなかったりするのですが、なかなか面白かったです。
あと、そういう時代ではあるのですが、全体的におっぱいが大変でした()
あとあと、第五の男の活躍も素晴らしい!

三銃士 観てきた。ホント原題がダサ過ぎるとか思いつつ、冒頭や作中のフィギュアな舞台解説に感心したり。そう云う時代とはいえ、カジュアルに人殺したりそれを囃し立てたり、こいつ等所詮は蛮族だよなと再認識。後半の策略合戦やアクションシーンから、見事なまとめ方は楽しかった。続き?が楽しみwThu Nov 17 14:06:15 via ATOK Pad

田舎騎士が銃士隊の面々とともに色々冒険する、と、大まかな筋としては原作の通りのようです。
大きく違うのは、『ダ・ヴィンチの飛行船』とある通り、オーバーテクノロジーによる飛行戦艦の存在と、その艦による空中海(?)戦ですね。
そのために、冒頭では貴重な遺産が無残にも破壊され尽くしているのですが、あのシーンはちと胸が痛くなります…

で、あれだけ頑張ったのに、結局最後は戦争を回避できて無いッポイってのが、ホント、アホですな()
まあ、あれだけド派手にやらかせば、そりゃー新たな火種にもなるッてモンですけども。

ここまで大胆なアレンジがありなら、思い切って「アニメ三銃士」をハリウッドリメイクして欲しいですね。

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 映画鑑賞
tag: , , , , ,
0 Trackback

2011-02-04(金) 14:31(UTC +0900) p

どら息子の破壊的社会貢献

グリーンホーネット 観てきた。分かり易いお馬鹿作品で楽しかったが、ぶっちゃけ 3D の無駄遣いだなw エンディングのカートゥーンアニメーションとスタッフロールが最高のシーンなのはどうよ?w 最大の衝撃は、エンディングソングなのだがwwThu Feb 03 14:09:45 via ATOK Pad

正義を志した者が、悪の手法で悪を討つ。
作中でも『アメコミ的ヒーローの欠陥』への言及があったり、この視点は珍しいと思いました。
やってることはドタバタになっちゃいますが、名乗りを上げた後の初仕事で無茶苦茶ビビったり、結構あっさりピンチに陥ったり、等身大のヒーローとして妙な現実味があって面白いところです。

また、この作品は「助手 (sidekick) 」が主役なのも良いですね。
カネとクチを出すけど残念戦力に過ぎないどら息子を、センス/知能/技術力/身体技能と更に戦力的にもでたらめにレベルの高いイケメンがナントカ使い物になるように仕立てるあたりにも、現実的な感じがします。
(全てを一人でこなしてるのが、アイアンマンかも?)

更に素晴らしいのが、怖い怖いブラッドのヒト。
最初から飛ばしてる割に実は結構『若手の意見』を気にしてたり、装填構造が謎な特製改造拳銃にこだわってたり、考え抜いた(イマイチ間抜けな)決め台詞を結局最後まで謳いきれなかったり、キュートです()
アメコミヒーローモノには魅力的な敵役が必須ですが、コレは見事に達成してますね。

…さて、本作は 3D 上映だったのですが、無駄なことをしてしまいましたね。
普通に 2D 作品として撮影したモノを後付けで 3D にコンバートしたらしいのですが、まー無駄なこと()
あの内容なら、もっとトーンをマットにした上で敢えて平板な 2D にする方が面白いでしょ。
最初から 3D で企画して撮るならまだしも、コンバートして公開を遅らせたのは完全に逆効果です。もったいない。
もう暫くは、こんな残念な 3D の無駄遣いが続くのかなぁ…

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 映画鑑賞
tag: , , ,
0 Trackback

2009-12-11(金) 02:09(UTC +0900) p

根無し草の汚れ仕事

R15+ と云うコトで、どんなモンかと思ってましたが、いやー、酷い()
作品としては実に面白く楽しめたのですが、かなりどギツイ描写もあるので、その辺注意は必要ですね。
あと、全体的に酷いので子供にはみせられない、確かに()

複線のストーリーがそれぞれのメインキャストが互いに気付かないままに絡み合っていくとこや、伏線の張り方とその回収の仕方など、純粋に映画としてみると実に上手いですね。
色々酷いしオチも酷いのですが、それでも映画として結局は面白く、良くできていて、なんか悔しい感じです()

…あの描き方で『ルーデル』の映画を作ったら面白そうね…
ちなみに、ルーデルってのは↓の化け物というか現人神というか、なんかチート()
ハンス・ウルリッヒ・ルーデル by Wikipedia
ハンス・ウルリッヒ・ルーデル by アンサイクロペディア

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 映画鑑賞
tag: , , , , ,
0 Trackback

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

| go BLOG Top |
Powered by WordPress