Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

「∞プチプチ」は電池が切れても無限に「プチプチ」できる

| go BLOG Top |

2007-10-05(金) 23:13(UTC +0900) p

昨夜のことですが、いつものように
プチプチプチプチ…プチ…プチ…プチプチプチプチ
等と、モリモリ押しまくって「指イテー」と思いつつ、ふと気が付きました。
「…ん? お? そういえば、最近「変音」聞いてないなぁ」
と。
訝しく思いつつも、いったんリセットを押して改めて百連続「プチ」。
…鳴らない。
じゃあッてんで更に百連続「プチ」、しても、鳴らない???

ひょっとしたら、てコトで、電池を抜いて押してみたら、なんかちゃんと「プチプチ」いうし()
どうやら、プチ音自体は電池なしでもイケるようです。そういう意味でホントに「∞プチプチ」ですね。「まあ、ともかく鳴るんなら別に何でもイイや」てコトで放置決定した訳ですが、翌日になって気になる記事が。


clip IT!
from BCNランキング
徹底解剖「∞プチプチ」、感触・音・オマケ音・内部構造……すべて答えます


この記事を見て、「あー、やっぱそうか」と云うコトで私も早速手持ちの「∞プチプチ」をバラして確認しました。
んで確認した訳ですが、どうやら「プチ音」自体は基板上のスイッチ接点の面バネ構造の変形で鳴らしているようです。
参考写真
技術の粋を集めた気泡部の裏面の2重構造とメイン基盤のスイッチ部

てコトで、実は電池切れをおこしても変わらずプチプチ鳴り続けてくれるというか、変音はジャマでしかなかったので、むしろ最初から電池を抜いてしまうことを推奨()
(つか、昨日まで電池が切れているコト自体に気づかなかった())

ほか、バラして基盤を直接触っていて分かったのですが、この面バネスイッチのプチプチ機構は、どうやら堅いもので押しても巧く鳴らないようで。
爪先などで押した場合は局所応力で面バネの一部が「クニッ」と凹んでしまいます。
対して、指の腹など柔らかいもので押した場合は、全体的に「ググッ」とたわんでいき、最後に「パキン」と一気にひっくり返るように変形して、そのときの音が「プチ」に聞こえるようですね。
樹脂カバーというか、バーチャルプチプチシート部の構造は、そんな特性を巧くカバーして、指先/指腹はもちろん、爪先での押し込みでもちゃんと「プチ」を奏でるように仕組まれているようです。いやぁ、無駄によく考えてあるな()

ちなみに、裸のままで基盤を直接押した時は、ほとんど力も要らずに楽に鳴らすことができ、そのうえ音も高くなって結構気持ちイイです。
てか、薄型でもっと楽に押す(鳴らす)コトができる、変音排除で電池レスな「真・∞プチプチ」を出してくれ。マジで。
或いは、フレキシブル基盤で丸めることができる、大判なシート状で多少なりともホントの緩衝性能も併せ持った、本末転倒しまくりで一回転して元に戻ったような「超・∞プチプチ」とか、頼む。大マジで。


関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: Tips(ティップス)
tag:
0 Trackback

トラックバック

この記事のトラックバック URL


Twitter

Powered by Topsy

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

Powered by WordPress