Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

企業でのSkype(スカイプ)活用の一助に

| go BLOG Top |

2006-06-03(土) 23:03(UTC +0900) p

日本国内でもそろそろ「Skype経済」「Skype市場」(合わせて「Skypeエコシステム(生態系)」などと云われることも)が形成されつつありますが、企業での導入となると「コンタクトリスト」の作り込みが大変だという課題があります。それを補完する製品が提供されるというネタです。
今回も全文引用で… ココは記事が残るんだっけか?


clip IT!
from NIKKEI NET:地域経済ニュース
パーソナルアイテック、「スカイプ」を数千人を同時登録

システム開発のパーソナルアイテック(岡山市、唐木与志夫社長)はインターネット経由の無料通話サービス「スカイプ」で数千人を同時に通話先に登録できる管理ソフトウエアを開発した。従来は1人ずつ登録手続きを行う必要があった。グループで利用しやすくして、大企業や官公庁の需要を開拓する。

新管理システムの名称は「ピックスフォン」で、7月から販売する。価格は、通話に使用するパソコン1台当たり6800―9800円(受話器込み)。通話先登録は20人程度から数千人までを想定。スカイプを大人数で利用しやすくするソフトは初めてという。

例えば2000人が働く企業の場合、全従業員間でスカイプを使えるようにするには1人ひとりが通話先登録を行う必要があり、膨大な手間がかかった。そのためスカイプの利用は個人間や小人数グループが主体だった。

新システムでは、企業はパーソナルアイテックに2000人の名簿を提出すれば、1週間から10日で各人にスカイプ用IDとパスワードが割り振られ、手続きなしで互いに通話が可能になる。


まあ、電話帳だけならイントラネット上にチョットしたwebページを用意して、そちらにwebプレゼンスのアイコンと担当者名を並べ、初回の発信はそちらから、以降は履歴から発信するなりコンタクトリストに登録して発信するなり、であるとか、新機能である共有グループ機能を活用するという手もあるわけですが。
ではそもそものアカウント登録を全員にやらせるのかとか、コンタクトリストの作り込みを全員にやらせるのかとか、ユーザレベルが特定でなく、かつ、人数も結構なモノになるとなれば、このような補完サービスを利用するのも手ではありますね。

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: Skype(スカイプ)
0 Trackback

トラックバック

この記事のトラックバック URL


Twitter

Powered by Topsy

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

Powered by WordPress