Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

反重力装置の鍵はやはり回転にあった!?

| go BLOG Top |

2005-05-20(金) 23:38(UTC +0900) p

clip IT! from asahi.com
ゆで卵、毎秒30回転以上で宙に浮く 慶大教授ら予測 – 暮らし


以前から、回転によって見かけ上の重量を軽くできるとか、UFOの反重力装置は不思議流体を回転させているとか、色々言われてはおりましたが、マジに解析(流体解析? 振動解析?)した結果、「ゆで卵の回転立ち上げ遊びで、実はゆで卵がジャンプしている(らしい)」ことが判明したそうで。
…なんだか色々な意味でスゲー()

あー、ちなみに、コレは慣性制御というハナシではないと思いますので、その辺はまだアレですな。

そうそう、asahi.comはあっという間に記事が消されてしまいますので、全文引用しておきます。クレームがついたら即時取り下げるという方向で。

ゆで卵、毎秒30回転以上で宙に浮く 慶大教授ら予測

2005年05月20日16時58分

 横になったゆで卵をコマのように高速でまわすと、ある時点でひとりでにジャンプする――直感的には信じがたいこんな奇妙な現象を、慶応大の下村裕教授(物理学)と英ケンブリッジ大の研究者が厳密な数学に基づいて予測した。近く英王立協会紀要に論文が掲載される。

 テーブルの上でゆで卵を水平方向に勢いよく回転させると、重心が上がり、ひとりでに起きあがる。長年のなぞを02年に初めて数式で説明した下村さんらは、さらに、起きあがる過程で卵が細かく振動する様子を、流体力学などの理論で詳しく解析した。すると、毎秒約30回転以上の速さでまわすと、振動の力が一時的に重力と等しくなり、回転軸が45度前後になった時にわずかに卵が宙に浮くと分かった。計算では跳ぶ高さは最大約0.1ミリ、浮上時間は0.02秒以下と出た。

 「とても不思議だが、想定した方程式が正しければ実際に起きるはず」と下村さん。人の手でも熟練すれば出せる回転速度だというが、精密な検証実験は難しく、まだ実現していない。

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 科学・技術ネタ
0 Trackback

トラックバック

この記事のトラックバック URL


Twitter

Powered by Topsy

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

Powered by WordPress