Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

タグ : 「Gmail」 アーカイブ

2010-07-24(土) 03:32(UTC +0900) p

iPhone での『メモ』の活用

と云っても、大したことはありませんけども。
既に多くの先人が Palm → iPhone の移行を行っていましたので、皆同じところで困ってるなーと思いつつ、備忘録的に。

先ず、Palm のメモ、これにはカテゴリ分けが存在します。
また、メモの並び順を Palm 本体内で指定し、頻繁に利用するメモについては上位に置くなどの調整が効きます。
が、 iPhone のメモではカテゴリ分けも並び順の制御も効きません orz
そこで、先人たちは
「メモに[タグ]/[ラベル]をつける」
「ラベルを検索しカテゴリ分けのように絞り込む」
と云う方法を編み出しているようです。

ちなみに、その他の対策として「純正外のメモ用アプリを導入」するとか、「メモを諦め Evernote を利用」するとか、そのような方もあるようです。
が、それではせっかく汎用なメモシステムである意味が無くなりますし、 何より Evernote の Windows 版クライアントの醜悪な UI には耐えられませんよね。
てコトで、実際のメモのキャプチャを。

キャプチャ 1

実際の例。
ご覧のように、メモの一行目の末尾に [ラベル] を付けます。
…一部は試行錯誤の途中のまま、冒頭にラベルが付いてますけど気にしない方向で()
で、まだウチのメモではやってないのですが、繰り返し [ラベル] と表記している通り、コレは Gmail の様に「複数のカテゴリにマッチさせられる」という意味でもあります。
カテゴリ分けされた表示の代わりに検索による絞り込みをかける、その時、複数に渡るようラベリングしておけばそれぞれのカテゴリに属するように見せられるワケですね。

で、更にその内容を Gmail に同期するよう設定しておくコトで、 iPhone ではない他の端末等からでも Gmail の UI で検索し内容を確認するコトが出来る、と。
ま、この場合は内容を確認するだけでメモの内容を更新したりは出来ませんし、 Gmail 側の [Notes] ラベル限定となる為に更なるラベリングはできなかったりするワケですが、端末を選ばないという利点も出てきますね。

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: lifehack (ライフハック), mobile(モバイル), Tips(ティップス)
tag: , , ,
0 Trackback

2010-07-19(月) 23:05(UTC +0900) p

iPhone 4 諸々の設定まとめ

先般オンラインで予約しておいた iPhone 4 が届きました。
コレによりケータイと PDA と iPod を統合するコトになりますので、メールやカレンダー、その他諸々の設定やデータ引き継ぎの手順をまとめておきます。
大まかには次の通り。

  1. iPod は単純に、コレまで nano に入れてたプレイリストを適用
  2. アドレス帳(連絡先)は Palm とケータイに分散してたのを統合、同期先は MobileMe
  3. スケジュール(カレンダー)は Palm から今後のものを順次コピペで転記、同期先は lares.jp(Google Apps, Google Calendar 相当)
  4. Palm のメモは必要なものを順次コピペで転記、同期先は lares.jp(Google Apps, Gmail 相当)
  5. モバイルのメールについてはメール転送サービスのアドレスをメインとし、 Gmail と MobileMe は使用せず
  6. 転送サービスの宛先は pdx.ne.jp から i.softbank.jp へ切り替え
    受信のみを SBM に、発信は転送サービスのアドレスで DTI の smtp を利用
  7. Palm の諸々のアプリについては、基本諦める()
    類似 App が見つけられたらそちらを導入予定
キャプチャ 1
キャプチャ 2
キャプチャ 3

コレで一通り、まとめられるようになりました。
メールの発信については、転送サービスのアドレスからの発信と常時セルフ Bcc 設定で。メールの受信は、転送サービスに届いたメールをソフトバンク宛に転送し自動受信できるように。
メモについては、 Gmail の Notes を覗くことで Palm Desktop と同様の運用を出来るように。プライベート保護については、 iPhone 自体が時限ロック機能を持ってるのでそちらに任せて個別保護は諦める。
スケジュールは、 Goolge Calendar に自動同期できるのでこちらを利用。以前の WindowsMobile では自動同期できなかったので Palm を利用してましたけど、 iPhone は適切に設定すればバッチリ機能しますね。転記も Google 経由で楽々。

最後の難関がアドレス帳。
こちらについては MobileMe と云う Apple のサービスを利用することにしましたが、転記するのが面倒な感じで。
しかし、せっかくなので iPhone での文字入力の練習として、ココはあえて手動で転記。
また、 Palm とケータイとに分散して登録しまっていたところもあるので、統合しながら不要なものをスキップして身辺整理するなど()
で、その転記自体はまだ終わってないのですが、端末自体はすぐにぶっ壊れるわけでもありませんし、ボチボチ進めていきます。

あ、ちなみに、『端末の左下辺りをガッシリ握ると、アンテナ表示がグングン減っていく』という、所謂 Death Grip 現象ですが、ウチの端末でもバッチリ発現してます。
当然、先日更新されたばかりの iOS 4.0.1 で、です。
…ですが、ナニもしてないのに目に見えてアンテナが圏外になったりバリ5になったりという WILLCOM の W-SIM 端末に比べれば、よほど安定しているとも云えるんですよねー()

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: mobile(モバイル), Tips(ティップス)
tag: , , , , ,
1 Trackbacks

2008-02-20(水) 12:54(UTC +0900) p

全社的に Gmail と Skype を活用し、最早なくてはならないモノになっている企業

コンシューマ利用が主と見られているにもかかわらず、実は業務でこそ活用価値あるサービスがあります。
それは、例えば「Gmail」や「Skype」です。
で、実際にこれらを業務に活用することで、無尽の利便性と可用性の獲得、圧倒的な管理費の低減、極限に迫る通信費の削減、をあまりにも容易く手に入れてしまっている日本の企業がありますのでご紹介。


clip IT!
from Software Development (ITmedia オルタナティブ・ブログ)
全社で Gmail を導入して約1年の感想
Skype Pro を使い始めた


こちらは「リアルコム」という ICT 関連の業務を行っている企業の CTO の blog になります。
先ずは全社のメールシステムを Gmail のシステムにアウトソースすることにより、メールシステム運用に関わるほぼ全ての問題をなかったことに。
次いで、 Skype の活用により通信費をほぼゼロコスト化(インターネット接続料金で包含)しています。
実際に使っていない場合でも、前述の二点だけ見ても圧倒的なコスト圧縮が可能になっていることが理解できると思いますが、ホントはそのコスト圧縮以上の利便性と可用性の劇的な向上こそ、注目して欲しいところ。

Gmail について(より正確には Google Apps のようです)は、自社ドメインによるメールシステムを Gmail のシステムで運用できますので、
「OS 等の環境に依存しない」
「どこからでもアクセスできる」
「容量パンクの心配がない」
「メールを削除するせずに済む」
「止まらない」
「検索が利くのでメール整理の手を抜ける」
「spam からほぼ解放される」
などが、そのまま自社のメールとして提供されるわけです。
もちろん、 Google Docs や Calender も利用できますので、運用ルールを制定すればそのままグループウェアの完成です()

Skype については、まずは社内の電話会議を Skype で無料化するところから手をつけ、その他にも
「プレゼンスが利くので在/不在確認が楽」
「少々のことなら電話でなくチャットで問い合わせる」
「伝言もチャットで送れば所在地は無視できる」
「グループチャットを用いれば会議自体を減らせる」
「口頭伝達が難しくてもテキストやファイルをやりとりできる」
そしてもちろん「ほぼすべてが無料/廉価に使える」
など、コンシューマ利用も業務利用も関係ない「コミュニケーション」としての本質的な部分が強化されるわけです。
ネタ元にあるように有償サービスも活用すれば、さらに展開が広がりますね。

というコトで、大企業でこそ Gmail (Google Apps) と Skype を活用していきましょう、というオハナシでした。

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 電脳系
tag: , ,
0 Trackback

2006-11-01(水) 23:26(UTC +0900) p

Googleのメールシステムを自分専用のアドレスで活用する

サクッとアカウントを取るだけ取っておきながら、結局真面目に使い方を検証する間もなく時間だけが経過しておりましたが、そうこうするウチにサービス自体が日本語でも提供されるようになりましたのでメモ。


clip IT!
from Google Japan Blog
「Googleアプリ 独自ドメイン向け」をお試しください
from Speed Feed [ITmedia オルタナティブ・ブログ]
Google Apps for your domain日本語版登場。Gmailなど、独自ドメインでの利用可能に。
from Japan.internet.com Webビジネス
Google、企業が自社ユーザーに提供できる「Google Apps」日本語版をリリース
from CNET Japan
独自ドメインでグーグルツールを自由に組み合わせる企業向けサービス
from ITmedia BizID
Gmailシステムを自社ドメインで――GoogleがASPサービスを国内で開始
from Impress INTERNET Watch
グーグル、Gmailなどが独自ドメインで利用できるサービスの日本語版を開始


えーと、記事はこのくらいでイイかな?
さて、この強力なサービスですが、Speed Feedのhiroサンが指摘する通り、企業にとってはもの凄く有り難いサービスですよね。2.7GBにもなるストレージ容量にメールだのカレンダーだのIMだのを組み込み、最近ではケータイからのアクセスも考慮して作り込みを進めている様ですし。もちろん、企業ではなく私の様な個人でのドメインホルダーでも利用できますので、例えばサークル持ちのドメインでメールアカウントを振り、ソレをGmailの仕組みで扱える様にできる訳です。もちろん、家族持ちドメインならご家庭全員分をGmailの仕組みに載せることもできますし、本来想定されている中小企業やSOHO・スタートアップベンチャーなどなら、メールストレージの容量に悩むことも、必要なメールを消してしまうという危険性も回避できますね。

てコトで、改めて勉強してみたいと思います。
…メインのメールアカウント、どうしようかネェ…

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 電脳系
tag: , ,
0 Trackback

2006-08-28(月) 12:07(UTC +0900) p

Gmailを自社ドメインで使える!!

エー、詳細を確認せぬまま勢いで書いておりますが、Googleが提供するGmailなどのサービスをドメインホルダーに対して「保持する独自ドメインで使えるようにする」ってサービスを立ち上げるようです。コレ、慢性的なメールのストレージ容量不足に悩んでたり、迷惑メールの対策に困ってたり、メールを各端末内に溜め込んでしまってたりする色々な規模の企業にとって、もの凄く欲しいサービスなのではないでしょうか?


clip IT!
from ITmedia Biz.ID
Google、企業向けパッケージをリリース

Webメールサービス「Gmail」、インスタントメッセージング(IM)サービス「Google Talk」、オンライン予定表「Google Calender」、Webページ作成サービス「Google Page Creator」が含まれる


ところで、私とかは個人で独自ドメインを持ってたりするのですが、そういうのは対象外なのですかね?
後でちょっとまじめに調べてみるか…

む、多重TBしてしまったか… 適当に片方を削除しといてください、Biz.IDの中の人。

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 速報!?, 電脳系
tag: , ,
0 Trackback

2006-08-24(木) 11:19(UTC +0900) p

「メールは削除するモノじゃない」という考え方

つい先日、招待制のみからサインアップ加入制が追加されたGmailですが、webメールシステムであること、Googleの検索機能活用を前提としていること、「フォルダ分け」ではなく「ラベル付け(タグ付け)」であること、など、スタンダードでスタンドアローンなローカルのメールクライアントを利用する場合とはだいぶ趣が異なります。ちょっとした考え方の変革も必要になってくる訳ですが、その辺をフォローする記事が早速上がっているようですのでご紹介。


clip IT!
from ITmedia Biz.ID
初心者のためのGmail入門


内容的には「コレでもう十分」と云う位にはまとまっていて、順を追って操作していけばすぐにでも活用できそうですね。いくつかGmail特有の仕組み・考え方がありますので、その辺を実際に試しながら慣れていくと良いでしょう。
もちろん、ほかにも色々と機能はある訳ですが、その辺は基本的な操作に慣れてからメニューをたどって確認しましょう。

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: lifehack (ライフハック)
tag: , , ,
0 Trackback

2005-09-27(火) 01:20(UTC +0900) p

Gmailのカウントアップモニタ?

Gmailのログイン画面にある容量表示が、リアルタイムにカウントアップされるように変更されているようで。
…いつからなんだろうか?

詳しくソースを読む気になれないので検証してませんが()、コレもやはりAjaxの適用例と云うコトでしょうかね?
ちなみに、来年のエイプリルフールに容量が丁度3GBとなるようにカウントアップしているはずです。去年の四月一日に1GBのフリーメールとしてスタートし、今年の四月一日に2GBに容量アップし、以降、来年の四月一日に3GBとなるように常時割り当て容量が増え続けているわけですな。

さて、来年の四月一日にはどんな「ビックリ」を出してくるのでしょうか?
(容量割り当てがいきなり10GBになったりして())

続きを読む

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 電脳系
tag: , ,
0 Trackback

2005-08-30(火) 01:32(UTC +0900) p

Gmailの招待権が100件に?

さて、寝るべと云うコトで、最後にGmailのアカウントを確認しに行ったら、いつの間にかGmail招待権が100通まで出せるようになっていました。なんだか知らない間に拡張されたようで。
と云うコトで、そろそろ「β」が外れるのかな?

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 電脳系
tag: , ,
0 Trackback

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

| go BLOG Top |
Powered by WordPress