Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

Skype によるコミュニケーション

| go BLOG Top |

2007-12-04(火) 23:49(UTC +0900) p

今や Google 検索で「無料通話ソフト」と言えば Skype と云うくらい、音声通話という分野では浸透してきた感があります。
しかし、 Skype が真価を発揮するのは、実は音声通話以外での分野にあるのです。


clip IT!
from 清水理史の「イニシャルB」
第272回:ビデオチャットの新しい用途を開拓できるか? 「Skype 3.6」と200万画素Webカメラで実現する高画質ビデオチャット
from 窓の杜 – 【NEWS】
「Skype」と連携して複数人で同時に簡単お絵描きチャット「なまびき」v0.31


てコトで、互いの顔ではなく、間に物品を置いての意識の共有化とか、表情や文字だけではなく、手書きによるお絵かきチャットの楽しみとか、そんな分野もありますよ、と。
他にも、「グループチャット/オープンチャット」(マルチチャット)による選択的同期による仮想同室協働であるとか、ボイスメールや SkypeOut/In と併せての PSTN との音声コミュニケーションの連携であるとか、もっと単純に、コンタクト認証で実現される「プレゼンスによる緩やかな連帯」など、実は仕事的な意味でこそ便利に使える Skype だったりします。
特にマルチチャットについては、プロジェクトごと実務者レベルで職場や組織を越えて横断的にチャットルームを立ち上げてみたり、或いは、離席表代わりに職場内全員をまとめたチャットルームを立ち上げてみたり、社内メーリングリスト代わりに情報伝達や Q&A 集積に活用するなど、実に便利なモノであったり。
…まあ、当の Skype の中の人たち自身が一番便利に仕事で使い倒している訳ですから、当たり前ではありますが()

仕事になくてはならないものでありながら、もう spam に汚染されすぎて二進も三進もいかなくなっている E-mail ですとか、参加して欲しいヒトこそなかなか積極的に参加してくれない社内掲示板や社内 SNS と併せて、今一度、チャットクライアントとしての、 IM としての、音声や映像による通話手段としての、 Skype を見直して欲しいと思います。

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 出直しSkype
tag: ,
0 Trackback

トラックバック

この記事のトラックバック URL


Twitter

Powered by Topsy

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

Powered by WordPress