Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

最近のハマり事 その二

| go BLOG Top |

2002-02-28(木) 23:45(UTC +0900) p

毎度。部屋の片づけも停滞し続けている割にやたらと寝不足なn-yoshiです。ということで、今回はハマり事についての第二弾。

ところで、ナニがそんなに寝不足を誘っているのかと云いますと、web閲覧なんですね、コレが。何を今更って言うのもありますが、先に導入したAirH”による常時接続環境てのが要因でして、以前なら時間が掛かりすぎるとして躊躇っていた「読み物」系にハマっているんです。えー、色々と表現する言葉はありますが、「SS(Short-Story)」とか「web小説」とか「駄文」()とかってヤツです。

事の起こりは今年のあたま。大好きなアニメーション作品の主題歌集CDを購入し、その楽曲を聴きながら何となく「その後の声優陣の動向」を調べようとGoogleで彷徨っておりました。主人公達のキャラクタ名などをキーに検索しておりましたところ(そもそもコレが間違い() ココで声優さんの名前で検索していれば…)、登場人物と世界観をそのまま持ってきて素人さん(とも云えなかったりするのが奥が深いんですが…)が書かれた「二次創作物」としての「短編小説(Short-Story、以降「SS」と表記)」が幾つも見つかったんです。特にその時探していた作品ってのが、いわゆるラブコメ要素が高めのモノで、しかも、女性に非常に人気のある内容のモノでしたから、漫画やイラストだけに留まらずwebに掲載している小説という体裁のモノが非常に多くあったんですね。 つまり、web検索エンジンに引っかかりやすいモノである、と。
余談ですが、野郎のファンはイラストや漫画などのビジュアル系かつ実用性のあるモノに走りやすく、女性のファンはイラストや小説などのシチュエーション系やサイドストーリー・サブストーリー等に走りやすい傾向がありますね。
単なるパロディ漫画やイラストだけであれば、検索対象となる「テキスト」が「title属性やalt属性、画像に対するちょっとしたコメント」くらいしかありませんので意外と探し辛いんですが、読み物系であればその全てが「テキスト」であり、登場人物の名前は必ずといっていいほどその作中にて明示されますので、なんぼでも検索に引っかかってくる、と。

そうこうしているウチに、そもそもの探し始めたきっかけである「声優陣の動向」についてもだいたい追っかけきったころには、きら星の如く輝くSS探しの旅が始まったんです。

手始めにGoogleでもって同人系の基本である「○○×□□」(或いは「○○x□□」)をキーにして改めて検索してみると、有るは有るは… いきなり一万件以上のヒット数を示してきやがります。コレではいくらなんでもってコトで、今度は更にシチュエーションのキーとなる言葉を色々と鏤めてみたりその他の登場人物もキーに入れてみたり。それでもまだまだ膨大なヒット数なんですが、いくつかのサイトを見て回るウチにだいたい同じようなweb-ringに登録しているサイトが多いことに気付きました。
そこで今度はweb-ring自体を探してみたり、ファンサイトの中でも中心的なところを見に行ってみたり。
このころにはだんだんとコツを掴んできまして、更に、現実世界と同じように
「著名な作家はあちこちで見かける」
「著名であることの一義として多作であることも挙げられるが、その結果、色々なサイトに投稿していたりする」
「つーか、やっぱり実力のある作家って、それなりに厚遇・優遇されている」
ということも掴めてきます。あとはホントに、もう昔ながらのweb-surfの定石通りに
「著名人のサイトに行ってそこからリンクされているところを流れる」
「web-ringの一覧を確認しながらあたりをつけて飛びまくる」
だけでザクザクと珠玉の作品群に出会っていけるわけです。いや、むしろ「出逢う」ですか。

で、既に公式には完結している一作品でこれだけの結果が出るわけですから、現在も連載・放送中の作品でも同様に探してみると、(最初に手を出した大人気作品には及びませんが)やはりかなりの数のSSを見つけることが出来るわけです。更に、SSを活発に発表しているような元気なサイトにおいては、単一の作品のみを扱っている処ってのはむしろ少ない方で、また、私の趣味に近いからこそ私の目に掛かってくるわけで、取り上げているカップリングはやはり私好みなモノが多いわけです。つまり、

  1. 「『A』という作品の『い』×『ろ』というカップリング」のSSを探して飛んできた
  2. するとそのサイトで「『B』という作品の『は』×『に』というカップリング」の二次創作物やweb-ringが示されている
  3. そういえば、この作品のこのカップリングも、アリなんだよねぇ…
  4. んー、見に行くか?
  5. お、飛んできたら「『C』という作品の『ほ』×『へ』というカップリング」を発見
  6. 以降、自分の嗜好を網羅しきるまで循環連鎖(ちなみに未だに継続中())

てな感じで、ドンドン連鎖的に探し求めていくわけです。しかも、ビジュアル系のような「ダウンロードには時間が掛かるが、サッと見たらハイおしまい」ってモノではなく、「ダウンロードはアッと言う間だけど、その内容をちゃんと読もうとすると一ページあたり十分以上かかる」訳です。更に、一サイトにつき五本程度は作品が掲示されているし、大手さんになると数十ページ(連載いくつか、大作何本か、小品多数、という勢いです)にも及び、更に良作揃いなんでじっくりと全作を読み倒す、と。
今では、好みのサイトを見つけたら取り敢えずブックマークし、睡眠時間を削って読み、昼休みにAirH”で自前接続して読み、小品はc505に落として読む。(…かなり無茶してるな、こうして客観的に眺めると()) とにかく時間がいくらあっても足りないって感じですね。

と、熱く語り過ぎでまたしてもアホな時間(2002/02/28 27:30)まで起きておりますが()、なぜそんなにハマってしまうのか。コレはご自分で確かめてみてください。

なお、くれぐれもハマりすぎにはご注意下さい。全ては自己責任で()

今週のおねてぃ

そーこーでー暗ー転ーすーるーなー (つか、初夜ッスよ、初夜! 遂に契りを交わしたんすネッ!?)

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: Tips(ティップス), 多次創作
tag: ,
0 Trackback

トラックバック

この記事のトラックバック URL


Twitter

Powered by Topsy

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

Powered by WordPress