Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

SkypeVideo の Windows 2000 対応状況

| go BLOG Top |

2006-05-04(木) 23:02(UTC +0900) p

帰省中というコトで、実家に配備してあるW2K機にてSkypeVideo(スカイプビデオ)を試してみました。結論としては、先に公開された「v2.5.0.72(Beta)」よりもずっと以前に公開されていた「v2.0.0.43(Beta)」の方がまだ利用できそうだ、というコトになりました()

v2.5.0.72の状況

先ずは順当に最新ベータ版であるv2.5.0.72を試してみましたが、こちらはかなりキツいですね。webカムをつけた状態で最初に起動したとき、一応カメラを認識した素振りは見せていたのですが、実際にはカメラテストなどに反応してくれなかったり、そもそももの凄くレスポンスが落ちてSkypeの操作自体に支障を来したり、と云う状況になりました。
一度Skypeを再起動してやればレスポンスは元に戻るのですが、その状態でビデオ通話テストをしようとしたり、カメラテストをしようとしたら、またレスポンスの異常低下という状況になってしまいました。

当然、デバイスのドライバやDirectX・OSそのものについては可能な限り更新・最新版適用までしてみたのですが、結局なんの改善も見られませんでしたので、コレはもうダメだな、と。
最後に思いついたのは、手元に残してある旧版のSkype、特に、ある意味金版ともいえるv2.0.0.43を試してみようかな、というコトでした。

v2.0.0.43の状況

こちら、妙な挙動にはなりましたが、それでも何とかビデオ通話可能にはなりました。この珍現象、現在W2Kで無理無理SkypeVideoを楽しんでいるヒト達にとっては結構有名なハナシかもしれませんが、私は初めて見たときに驚いてしまいました()

一応使えたけども発生してしまう妙な現象、それは
「ActiveMovie Window」という別窓が開いてそちらに自分撮りや相手映像が表示される
と云うものです。つまり、普通なら「通話タブに相手側の映像」が、「相手側映像の隅っこに自分撮りの映像」が表示されてくるところですが、その「両方がDirectX的に内部処理されているのではないかと思われる別立ての二つの窓にそれぞれ別々に表示」されてくる訳です。
コレはもう、DirectXの対応というか処理というか、その辺の問題だよなぁ、と感じがアリアリですね。

というコトで、しばらくはこのまま様子を見てもらうことにして、その間にv2.5系ではもっと頑張ってW2K対応を進めてもらいたいところですね。
最後になりましたが、当該W2K機のスペックなどを以下にメモ。

実家配備のW2K機スペック

機種名など
IBM ThinkPad T23
2647-9LJ
OSなど
MS-Windows 2000 SP4
DirectX 9.0c
CPU, メモリなど
Intel Pentium-III M 1133Mhz
1024MB mem
60GB hdd (空き容量 47.5GB)
webカメラ
ELECOM UCAM-E1C10SSV

…んー、捨て値で買ってきたwebカムが古すぎるのか? ()

関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: Skype(スカイプ)
0 Trackback

トラックバック

この記事のトラックバック URL


Twitter

Powered by Topsy

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

Powered by WordPress