Skypeto: Skype chat to n-yoshi n-yoshi
Twitter: Follow laresjp on Twitter laresjp
feed: RSS 2.0 RSS or Atom Atom

VOCALOID2 CV 系の「一筋縄ではいかない調教方法」の理由は「マルチサンプリング」にアリ!

| go BLOG Top |

2007-12-30(日) 18:43(UTC +0900) p

快調に新作が発表されまくっている「鏡音 リン・レン」はモチロンのこと、リンちゃんやレン君よりは調教しやすいとされる「初音 ミク」であっても、最適調整はかなり大変らしいですね。
(私は試用版をチョット触っただけで挫折してしまいましたが orz)
そんな困難を極める調整技術のため、終いには調整技術が「調教」扱いされている VOCALOID2 の CV シリーズですが、その理由が明示されているようです。


clip IT!
from All About [DTM・デジタルレコーディング]
初音ミクの不思議が解明!?
藤田さん的には、「あれ、ちょっと外したかな?」と思うシーンも何回かあったそうですが、それを録り直すのではなく、「そのほうが自然な感じが演出できるから…」とOKになった
各音が4音のマルチサンプリングがされているわけで、同じ「あ」という音で歌っても音程によって、若干ピッチのズレが違っていたり、音量が違っていたりする


…えー、待って待って()
素人的にはどこまでの影響があるのか分かりませんけど、実は初期の段階である程度「ズレや揺らぎが」が含まれる訳ですか?
更に、それは一定ではなくあくまで全ての音・階で個別に異なり、更に「初音 ミク」「鏡音 リン」「鏡音 レン」の全員それぞれに全く異なる調整が必要になってくる、と??
その上、微妙な「ヘタ」要素も仕込まれてて、コレはどれだけの経験を重ねても決して向上も改善もされない、と???
そ、そいつぁ、過酷な()

「リン・レン」の最初期の作例では「ミク」用の歌譜をそのままで歌わせているものもありましたが、なるほど、そのような事情があるなら、各位の歌譜の流用はできるけど転用は効かないってコトになる訳ですな。
まあ、そこを敢えて転用することでクセの把握に繋がるという面もありそうですが…
と、なると、次の展開は「三人で汎用に適用できる神歌譜(真譜?)」の探求かな?
自分には無理なんで、誰か頼む()


関連するかも知れない?


, Permalink, 関連つぶやき
cat: 科学・技術ネタ, 電脳系
tag:
0 Trackback

トラックバック

この記事のトラックバック URL


Twitter

Powered by Topsy

オススメ(殿堂)

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード
ThinkPad
トラックポイント付きの無線キーボード

オススメ(amazon)

Twitter

オススメ(ニコ動)

オススメ(link)


検索

このblogをググる



タグクラウド


最近のエントリ

カレンダー

2019年5月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

分類別

保管庫


購読

marker

Firefox meter

CC LICENSE


since 2001-09-25

Powered by WordPress